日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

祖父母のお葬式、香典の金額は孫はいくら包む?お葬式のマナー!

      2017/03/23

祖父母のお葬式、香典の金額は孫はいくら包む?お葬式のマナー!

祖父母のお葬式に出席するとき、孫の立場では香典をいくら包むべきなのでしょうか。

香典の金額には「相場」というものがありますが、身内の場合はその環境や家柄によっても違いがあるようです。

孫は一体いくら包むの?他には何か必要なの?香典の金額やお葬式について調べてみました!!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

お葬式で包む香典の金額、孫はこういう基準で考えます!

祖父母が亡くなってしまった場合、孫は香典を出す方が良いのでしょうか?

一般的な考え方では、親に扶養されている場合は親が香典を出すので孫は出さないという考えが多いです。お孫さんが社会人になって自分で生計を立てている場合ですと、お孫さん自身も香典を出すべきという考えもあるようです。これは一緒に生活しているか、していないかに関わらず出した方が良いでしょう。

孫が一人とは限りませんので、他の同世代の孫たちと一緒に香典を包むのもよいでしょう。この場合は「孫一同」という形になります。人数が少ない場合は連名で名前を記載するようにしましょう。

結婚をしている場合は、孫一同ではなくその家庭で香典を出す方が良いです。そして包む香典の金額ですが、祖父母と同居している、又は同居していた孫は、その祖父母とのご縁の深さなどを考えて、金額は多くなるようです。

お葬式で包む香典の金額、孫の場合はこれくらい包みます

香典は、孫が独身でお葬式の喪主が自分の親の場合は出さないことが多いです。

成人している孫が祖父母のお葬式で香典を包む際は、一般的には一万円程で、ほかに「孫一同」という形で生花や花輪をお供えするようになります。

こういった一般的なケースに当てはまるかどうかは実際にどの程度のお付き合いがあったかで決められることが多いです。そういってみても、実際に孫が自分で香典の金額を決めるのは難しいですよね。こんな時は両親と相談して香典の金額を決めるようにしましょう。

また、孫はお葬式の手伝いをする必要もあります。葬儀会社や地域の方もお手伝いをしてくれますが、自分が何をしたらいいかわからない場合は「お手伝いすることはありますか?」などと声をかけるようにしてみましょう。お葬式のお手伝いをする場合は黒いエプロンをするので、用意していきましょう。

お葬式の香典、孫からの金額の相場は?~身内の香典金額の相場~

【両親・兄弟の場合】
一般的には、なくなった日の翌日がお通夜、その翌日がお葬式・告別式をすることが多いです。両親は5万円、自分が40歳以上の時は10万円程が相場となっています。

【祖父母の場合】
孫が成人している場合は香典を出すのが一般的です。その際の香典の相場は1万円から。祖父母と特に親しくしていた場合は3万円くらいは包むことがあるようです。

【その他の親族の場合】
叔父や叔母が亡くなった場合の相場は1万円から。親しいお付き合いがあった場合は2万円程が相場になっています。

【家族や親族以外の場合】
仲人には1万円、恩師には5千円くらいが相場になっています。友人や知人の場合は3千円くらいが相場ですが、自分の年齢が30歳以上の場合は5千円くらいが相場です。

地域にも差があるようで、関西の場合は3千円程のようです。確認をして渡すようにしてください。

お葬式の香典は孫の場合、同居か別居かでも違う

【香典が不要の場合】
最近ではご遺族が香典をお断りする形式のお葬式も増えています。しかし基本的には香典は包んで持参するようにしましょう。

中には香典を包む必要のない場合もあります。
それは、「親や祖父母がなくなった場合で実家から独立をしていない家族」です。この場合は喪主にあたると思いますので、香典を包む必要はありません。

そして未成年の場合も香典は包まなくても良いです。
保護者が気を使い連名で香典を包むことはありますが、大多数が求めない・もしくは求めるべきではないと理解しています。

最近では核家族化の進行により祖父母と離れて暮らすことも少なくはないようです。祖父母がなくなった場合は、孫として3千円~5千円程包むと良いですが、兄弟やいとこ同士で連名で出す場合もあります。この場合は連名にする兄弟やいとこ同士で金額を話し合うようにしましょう。しかしこの金額も、祖父母との関係が深かった場合は変わってきますので、香典を包む際はそういったことも考えて包みましょう。

お通夜や告別式に参列できない場合の香典の渡し方について

【お通夜や葬儀に出席できない場合の香典の渡し方】

遠方に住んでいたり出張や体調不良など、何かやむを得ない事情でお通夜や告別式に参列できないという場合、香典はどのように渡すのが良いのでしょうか?このような事情がある場合は、香典を郵送することも可能です。

この場合は香典を持参する時と同じように不祝儀袋に入れて通常通りに表書きをします。それから郵便局の現金書留の袋に入れ、喪主宛に速達で送ります。香典を郵送する際は香典だけではなく、故人を偲び、ご遺族を気遣うお悔やみの手紙も添えて送るようにするのが良いです。

お悔やみの手紙の最後には、「尚、心ばかりの香典を同封させていただきましたので御霊前にお供えいただきたく存じます。」といった言葉で結び、香典を同封していることが分かるように書き添えておきましょう。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ