日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

      2017/04/03

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽きちゃった~!

風邪気味のときの外出は絶対に控えるべきなの? それとも注意しながらなら大丈夫?

赤ちゃんや小さい子どもが風邪をひいたときの外出やケアの注意点です。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出には症状をよーく確認を!

赤ちゃんが風邪をひいたら、もちろん外出厳禁。もう何日お外に出ていないだろう…。もう風邪の症状は治まっているし、もう外出しても大丈夫かな?風邪は治りかけが大切。本当に赤ちゃんの風邪が治っているのかチェックすべきポイントはどんなことでしょう。

夜になると熱が上がったりはしていませんか?赤ちゃんが風邪をひくと熱が出やすい時間は、昼よりも夜の間。昼間は平熱でも夜になって熱が出ることは珍しくありません。日中は平熱でいつも通りに寝ているようでも、深夜になると微熱がぶり返していることも。もし、そうなら赤ちゃんは、まだ風邪のウイルスとたたかっている最中。無理をせず、もう少しようすを見てみましょう。

もう熱は無いけど赤ちゃんのご機嫌がナナメ。どうにもぐずってしまったり不機嫌なようす。これは、言葉を話せない赤ちゃんが「具合が悪い」とか「痛いところがある」ということをママに伝えようとしているのかも。微熱や喉の腫れ、鼻水や鼻づまり…まだ風邪の症状が残っているのでは?そんなときは赤ちゃんの体調を考えて、もう少し外出は避けておきましょうね。。

風邪気味の赤ちゃん・子どもの外出には周囲への影響も考えて

ママとも同士の交流は大切だけど、子どもが風邪気味だったりするときは注意が必要ですね。自分の子は少しくらい風邪気味でも大丈夫…と思っても、遊びに行くおうちのママはどう感じるでしょうか。ちょっと鼻水が出ているくらい、時々咳が出るくらい平気!みんながそう思うわけではありませんので、マナーとしては事前に「少し風邪気味みたいなんだけど…」と確認を取ることが望ましいでしょう。

児童館などでは多くの子どもたちが集まるので、鼻水の症状がある程度の子どもはたくさんいることもあります。多くのママは「鼻水が出ているけど、元気に走り回っているし、熱もないから大丈夫」などと考えるようです。地域によって考え方も違うでしょうから、風邪が流行している時期や、子どもの体調を見ながら遊ばせに行っても良いか決めてください。

風邪をひいているときはお風呂は絶対にだめ!と言われていましたが、最近はお風呂を推奨する考えもあるのだとか。熱が無ければお風呂で体を温めて、清潔にすることが体にいいという説に変わってきています。子どもの風邪は熱の有無が判断基準として大きいと言えます。

風邪気味の赤ちゃんの外出、他の人にうつしてしまう可能性も考えて

風邪をひいているときの外出で心配なことの一つは、他の子にうつしてしまうのではないかということ。咳やくしゃみがひどいときは飛び散った唾液や鼻水から飛沫感染の可能性もありますが、鼻水症状だけであればさほど問題ありません。ただし、手や顔に鼻水がついた状態で接触するといった場合や、ごく狭い空間で過ごす時間がある場合は少し慎重になる必要があります。

鼻風邪だと思っていたら、実は風邪じゃなくてアレルギーだったという可能性もあるので、長く続く場合は素人判断はせずに、病院で診断してもらいましょう。もしかしたら、他の病気が隠れていることもあります。今は症状が出ていないだけで、外出しているうちに、熱など他の症状が出始めるかも。鼻風邪かな、ちょっと咳が残っただけかな…と思っても、避けられる外出であれば控えた方がいいですね。

風邪の治りかけ、外出を控えたほうがいい理由とは?

子どもは熱が下がって体のつらさが無くなると、多少の咳や鼻水があっても遊びたくてウズウズしてしまいます。活発な子であれば、じっと家で過ごすことに飽き飽きして、公園や児童館に行きたいと言うでしょう。風邪のウイルスに感染すると、症状がおさまっても免疫が通常の状態になるには1~2週間かかります。それまでは、免疫力が低い状態なので人混みで別の風邪に感染することがあります。風邪は治りかけが肝心と言われるゆえんですね。

元気に見えても、夜になると熱や咳が出る。咳で知らず知らず、充分な睡眠が取れていない場合もあります。また、夜に咳が出るのは気管支に炎症があるかもしれません。とはいえ、子どもが風邪の間はママもお子さんも家に閉じこもりっきりでウンザリ。気分転換に、どうしても外出するのであればマスクをして、あまり人の多くない場所や開放的な場所を選ぶのがいいでしょう。体力の消耗から回復しきっていない時期でもあるため、外出した日は、早めに寝るようにしてください。

赤ちゃんの鼻水は汚れやウイルスを排出しようとするから

寒い時期は鼻水を出している赤ちゃんをよく見かけます。赤ちゃんは大人よりも鼻水が出やすいのです。これは鼻水を出すことで、汚れやウイルスを体の外に出そうとしているため。かといって、そのままにしていては衛生的にもよくありませんので、こまめに拭きとるなどケアしてあげましょう。

咳がある場合などは、他の人にうつしてしまうことを考えても外出は控えたいものです。赤ちゃんは体力が無いので、風邪と軽く考えず、無理はさせないようにしましょう。熱が出ていなければ、お風呂に入って体を温めることは風邪症状の緩和に効果があると言われるようになりました。素肌を清潔に保ち、血行が良くなることで免疫力アップが期待できるのです。

お風呂に入れていいかどうかの目安は「熱がないこと」「鼻水や咳程度の症状であること」、そして「ご機嫌が良いこと」などです。汗をかいたり、湿疹などがある場合はシャワーできれいにしてからスキンケアもしてあげましょう。わきの下などは、痒くなったりただれたりしやすいので、赤ちゃんの機嫌が悪いときにチェックしてみてください。

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ