日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

   

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱりいつもとなんだか違う・・・

そんな気になる症状について調べまとめてみました。

気になることは一つでも早く取り除き、病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

産後に子宮の違和感を感じるけど、もしかして病気なの!?

出産したのも束の間で、なんだか産後に子宮の違和感を感じる・・・もしかしたら何かの病気と不安になってしまいますよね。どんな病気があるのかを調べてみました。

まず産後の膣の中に異物があるような、常に違和感があるような場合は『子宮脱』と言うものがあります。骨盤の中にある子宮や膀胱などの臓器が下がるとも言われ、子宮が膣内や膣口から外へ脱出してしまう病気と言われています。またなりやすい特徴の人には高齢で、出産経験の多い人に起こりやすい傾向にあると言われています。その理由には、膀胱などの骨盤内は靭帯によって支えられていますので、靭帯が伸びたりすると言った状態になります。

その症状として、感じるのが膣内の違和感です。また、子宮が下がってしまうと膀胱を圧迫すされると言ったことも出てきます。その症状が重くなると排尿しにくい、頻繁に尿意を感じる、尿が漏れてしまうなどの症状が出てくるのです。

上記にあてはまることがある時には、すぐに産婦人科に行くことをおすすめします。

産後の子宮の違和感・・・子宮脱の予防法と治療方法について

もし子宮脱と診断されたら、どんな治療法や予防法があるのでしょう。
まず子宮脱の予防法として、正直一度外に出てしまった子宮を元の状態に戻すのは非常に難しいと言われています。しかしその前に、子宮下垂を起こさない予防をした方が良いと言われていますが、その予防法としては肥満や便秘などにならないように食生活を気をつける。重い物をあまり持たないようにするなど、生活の中で“いきむ”機会を作らないことが最善の予防法と言われています。

出産する時にも、必要以上にいきむなどが何回もの出産で続くと子宮脱ともなりますから、そんな時の方法として自然分別にこだわらず帝王切開なども考える必要があります。また、こうなる原因のひとつに老化と言われる60歳代頃になる場合もあります。治療法には一般的には、膣の中にリング状やドーナツ型、円錐型のペッサリーを挿入するようですが、なんだか不安と思ってしまいそうですが、特に違和感や痛みもなく性交渉にも問題はないと言われています。

しかし定期検診で膣内の消毒やペッサリーの入れ替えを行う必要がありますので、きちんと熟知しておく必要があります。場合によっては手術もできるようですが、お医者さんと相談して決めることが必要です。

産後の子宮の回復と会陰の違和感がある場合について

出産後の子宮の回復は一般的に6週間かけて元の状態に戻ると言われています。この状態を子宮復古と言いますが、これがスムーズでない時には回復できていない状態を子宮復古不全と診断します。

産後の子宮の回復は主にこのように進んで行くのが特徴です。

1週間から2週間→赤褐色の悪露が続く

3週間から4週間次第に黄色→白色へと変化

とだいたい1ヵ月ぐらいで透明なおりものになるのが普通です。しかし赤っぽい悪露が続く、痛みや違和感がある場合はすぐに病院へ行きましょう。また出産時に会陰切開を行うのは個人差がありますが、産後1ヵ月ぐらいは、縫合した部分に違和感を感じることあり、排便に不安を持つ人も大半です。その理由には、排便によって傷口が開くことのではないかと不安になるからです。実際に開くことはないようですから心配はないです。

気になる場所が場所なだけに、なかなか他人に相談できない、病院に行きずらいし赤ちゃんを連れて受診をためらいますが、違和感が続く時に放っておいては危険ですし治りも遅くなる原因となるので早めに受診しましょう。

産後の回復バロメーターの目安、違和感を感じたら病院に行きましょう!

産後の回復の目安として悪露は大切な体のバロメーターですが、もちろん女性にとって産後の生理は大きな回復とも言えます。しかしその生理が来ない時には病気の可能性も考えなければなりません。産後に生理が来る目安は主に産後1年半を過ぎた、もしくは断乳後3ヶ月以上と言われています。もし生理が来ないと言った時には体には、排卵障害を起こしている可能性もあるようです。プロラクチンというものの分泌が多くなると言われています。

その特徴としてプロラクチンを分泌する脳下垂体に腫瘍ができる。甲状腺の機能が低下する。といった可能性が考えられます。また、薬を服用した場合の影響でホルモンバランスが乱れると言うことが主な原因となっています。産後の体は変化が伴うので違和感に気づかないこともあるので、セイ生理が来ない時には必ず病院へいきましょう。

また生理が再開して時にいつもより量が多い、少ないといったことも見られますが、通常通りに同じ期間で終わる時には心配はありませんが、出血がだらだらと長く続く、出血の量や色、生理痛の重さがいつもと違うといった症状の時にも病院へ行きましょう。

産後の子宮の後陣痛はいつまで続くの?痛みを和らげる方法

出産して陣痛の痛みがなくなったと思ったら、後陣痛が始まり痛みが辛いと感じるようですが、どのくらい続くもの?と不安になりますが、だいたい産後3~4日程度が一般的と言われていますが、中には、1~2週間続いたという場合もあるようですが、こればかりは個人差があるので何とも言えません。しかし後陣痛は子宮が回復に向かっている目安と言われていますのでリラックスして過ごすことがベストです。

また痛みを和らげる方法には、下腹部からからだを温めると言うのが良いです。枕など柔らかいものを子宮に当て、圧迫するようにしてうつ伏せに寝ると痛みを和らげることができますので試してみてはいかがでしょうか。女性の体はデリケートです。まして出産という大仕事を成し遂げた直後はたとえ夏であっても身体を冷やさないことが大切です。身体が冷えると血行が悪くなり痛みを感じることがあるので、寒い時には靴下を履く、1枚上着を着る湯たんぽを使うなど温かくすることが最も大事です。

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ