日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

子供が生まれた!健康保険証の申請をスムーズに行う方法!

      2017/04/03

子供が生まれた!健康保険証の申請をスムーズに行う方法!

子供が生まれたら、健康保険証発行の申請が必要ですが、申請の場所や必要書類がよくわからない方も多いでは?

健康保険証の申請はどこでするの?どうすればスムーズに提出できるの?

今回は子供の健康保険証にまつわるあれこれについてまとめました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

子供が生まれた時の健康保険証の申請方法は?

赤ちゃんが産まれたら様々な手続きが必要となります。申請に必要な書類や提出先もバラバラなので、出産前にどんな手続きが必要なのか確認しておくといいでしょう。

出産直後にまず行いたいのが、赤ちゃんの健康保険証の手続きです。子供を扶養に入れるのが両親のどちらかにもよりますが、全国の地方自治体はほとんど同じですが、健康保険組合によって持ち物が異なる場合もあるので確認しておきましょう。

健康保険証の申請先は、会社員の場合、勤め先の健康保険に加入するので、総務部や健康保険組合に届け出を出します。自営業の場合は、役所で出生届を提出する際に国民健康保険の加入も一緒に手続きします。公務員の場合は、出生届を提出したらなるべくすぐに職場で共済組合の手続きを行います。赤ちゃんの一ヵ月検診までに手続きを終えるようにしましょう。健康保険に加入するには、健康保険証や母子手帳、出生届のコピーや印鑑が必要になるので前もって準備しておきましょう。

ママも働いている場合、どちらで申請しようか迷うところですが、一般的に年間50~100万円程度の差がある「年間収入が多い方」とされています。

子供の健康保険証申請の際に出生届のコピーが必要!?

子供が産まれると提出物のたくさんあり、事務処理に苦労すると思います。赤ちゃんが産まれたまず14日以内に出生届を提出しましょう。用紙は病院で用意してくれるので、それを受け取って役所へ行きましょう。以前は市役所の市民課窓口でもらえたようですが、今はこのスタイルが一般的です。ただ助産院や自宅出産の場合はもらえないこともあるのでご注意を。

また子供の健康保険証を申請する際には、出生届のコピーが必要です。前もって準備しておくと慌てることなく安心です。用紙には、赤ちゃんの氏名や父母との続き柄、生年月日や産まれた時間を記入します。産まれたところや住民登録をする場所、子供が産まれた時の父母の職業なども記入します。

実際に子供の健康保険証を会社に申請して気付いたこと

赤ちゃんが誕生後、14日以内に市役所へ出征証明書を提出しに行かなかければなりません。「出生届出済証明」欄に証明してもらうために母子手帳も持参しました。

出生届を提出する際に児童手当の申請も一緒に行います。申請時に忘れてはいけないのが銀行口座と印鑑です。児童手当を振り込んでもらうのに必要になります。そして出産後すぐに申請したいのが、子供の健康保険証の手続きになります。

夫婦共働きの場合、どちらの扶養になるかまよいますが、我が家の場合は主人の方が収入が多いので、手続きは主人にお願いしました。会社によって手続きに違いがありますが、主人の勤め先では夫婦両方の過去一年分の給与明細のコピーが必要で、揃えるのに苦労しました。産休に入る前には、必要な書類をしっかり確認しておくと安心です。出産前は、赤ちゃんの服やベビーグッズなどを揃えることばかり考えがちですが、出産後は意外と事務的な作業もたくさんあります。直前になって慌てないように確認しておきましょう。

子供の健康保険ができたら乳幼児医療費助成を申請しよう!

そもそも赤ちゃんの医療費助成制度というものがどんな制度なのか知っていますか?

これは赤ちゃんが病気になった時にかかった医療費や薬代を全額、または自治体が一部負担してくれる制度で、この制度を受けるには健康保険に加入していなければなりません。

助成の対象年齢や内容については地域によって違いがあるので、詳しくはホームページなどで確認するといいでしょう。また乳幼児医療証で地域の医療費助成を受けることができるので、お住まいの役所に行って申請手続きをしましょう。その際に必要なものは、子供の名前が載った健康保険証、印鑑、乳幼児医療証の申請書になります。

乳幼児医療費助成は14日以内に区役所へ提出しましょう。そうすることで、出生日から有効になります。提出には、子ども医療費助成申請書、印鑑、子どもの加入(予定)の健康保険証が必要なので、前もって準備をしておきましょう。出生直後の場合は、子供が加入予定の保護者の保険証を提出しますが、後日子供の名前が記載された保険証も提出しなければならないのでコピーをしておきましょう。

手続き書類に必要な4つのものを準備することで提出もスムーズに!

赤ちゃんが生まれたら提出する書類がたくさんあるってこと、十分理解できたのではないでしょうか。中には手続きが面倒な物、忘れると後になって損をしてしまうものもあるので、出産前にしっかり準備をしておくことが大切です。

おすすめなのは、産後に必要な手続きや給付金について一覧表にしてまとめておくことです。そうすることで、必要な手続きもスムーズに行うこともできます。出産関係の書類は本当に複雑です。早めに入手できる書類は前もって揃えておくなどしておくと安心です。産院の証明が必要なものもあります。退院時になって慌てないためにも、入院準備の一つとして書類を用意しておきましょう。必要な書類や手続きの時期を確認しておくことが大切なのです。

大抵の書類に必要なものは4つあります。

  • 健康保険証
  • 預金通帳
  • 印鑑
  • 母子健康手帳

この4つを書類と一緒に用意をしおくことで提出もスムーズに行うことができるので覚えておきましょう。特に印鑑はほとんどの書類手続きで必要です。スタンプ印鑑ではなく、三文判でもいいので朱肉で使うものを用意しておきましょう。

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ