日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

基礎体温で低温期の体温はどのくらい?36.5℃は高いの?

      2017/04/03

基礎体温で低温期の体温はどのくらい?36.5℃は高いの?

基礎体温が低温期に36.5度は高すぎるのでしょうか。

また体温が高いときに気を付けることはあるのでしょうか。

高温期と低温期の温度に差があることが重要のようです。

そんな基礎体温についてまとめてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

基礎体温の低温期が36.5度。妊娠できる?

基礎体温を測っていると高温期低温期があります。その差が0.3度くらいしかなく妊娠できるのか悩んでいる方もいます。低温期に体温が高いといい卵ができないという話もあります。しかし同じような基礎体温だけど妊娠した人はいるのか、妊娠は難しいのか気になりますよね。低温期に体温がさがって欲しいからと体を冷やしてはダメです。温かくするように心がけましょう。

低温期の体温が36.5度で基礎体温のグラフもガタガタだけど妊娠したという方もいます。低温期と高温期の差があまりないと排卵の時がわからないこともあります。心配な場合は病院に一度かかることをお勧めします。ただ女性の体はとてもデリケートなので、ストレスや食生活によって基礎体温にも影響したりします。誰しもがきれいな基礎体温のグラフが出来るわけではありませんよ。

基礎体温の低温期が36.5度は高い?

基礎体温というのは人それぞれ違ってきます。しかし平均の値というものはあり、低温期、高温期のそれぞれに目安の温度があります。

低温期は、人それぞれではありますが平均は35度台で高い人でも36.5度くらいです。低温期の体温が高い人は卵胞が成長しにくく、いい卵子が出来ないと言われていますが、高温期と低温期の差が0.3度あって基礎体温のグラフがキレイではなくとも高温期と低温期に分かれていればあまり心配はありません。

ただ普段は低温期には低くなるのに今回は高かったというときには気を付けてください。基礎体温をつけていて低温期なのに体温が高いような普段と違うような時は病院にかかり何が原因なのか調べましょう。

基礎体温の低温期に36.5℃を超える?治すには?

低温期というのは陰の時期と言われており、体を潤すものが充実している期間と考えられています。体を潤すものが充実している時期ですので、卵胞がしっかりと育つのです。ですのでこの低温期に体温が高いと、体を潤すものが充実していないことになります。基礎体温は人それぞれ違いますが、低温期は目安として36.5度と言われています。たまに36.5度を超えるくらいでしたら問題ないのですが、常に超えてしまうのは注意が必要です。

体温が高くて排卵の時期におりものがでないようですと、体を潤すものがかなり少なくなってしまっている可能性が高いです。しかしこのように体温が高い人は、生理痛などの症状がない場合が多く、治すために漢方を飲んだとしても実感が得られず、続かない人が多いものです。

低温期の体温を治したいと思い漢方を始めるのでしたら、あまり効果が実感できないことをふまえ、体を潤す力を補うものとして始めるといいですよ。体温が高い人は妊娠するためにいいからと生活や食事で気にかけすぎるのも逆効果になることもあるので気をつけてくださいね。

基礎体温で高温期と低温期の差がない。注意が必要?

基礎体温というのは体の状況がよくわかるものです。妊娠を望むなら基礎体温表を作りましょう。

一般的な基礎体温は、前半の低温期より後半の高温期の体温の方がが高くなっています。高温期と低温期の差は0.3から0.6度くらいです。排卵後はプロゲステロンの働きで体温が高くなっていきます。しかし、このように体温が上がらない基礎体温になる方もいます。この場合体温の上昇がないので、無排卵が考えられます。卵巣機能不全、多嚢胞性卵巣、高プロラクチン血症などの可能性があります。一度病院にかかりましょう。

また高温期が長いという方もいます。低温期が短く高温期が長い場合は卵がちゃんと育っていない可能性があります。しかし低温期高温期がしっかりと分かれていて排卵時の卵胞が確認出来ればこのような基礎体温でも問題ないです。

高温期が長く続くときは妊娠の可能性も考えられますが、女性はストレスや疲労などによっても体調が変わることがあるので妊娠していないのに体温が高いなんてこともあります。

低温期に36.5度以上ある場合。生活を見直してみましょう

低温期の体温が36.5度というのは平均から考えると少し高めの数値になります。しかしもともと体温が高いのであれば体が冷えることもなく健康的です。問題なのは、今まで体温が高かったわけではないのに、低温期の体温が高くなった場合、また高い体温が続くようになった場合です。

このように低温期に体温が高かったわけではないのに高くなった場合はストレス胃の可能性があります。ストレスが溜まっているためにお菓子などをたくさん食べてしまい胃に負担をかけてしまいます。糖の取りすぎには気をつけましょう。

夜は脂っぽいものではなく野菜を取るようにしましょう。胃が熱を持っているときは消化機能が働き、満腹感が得られず食べ過ぎてしまいます。弱っている胃に負担をかけないために野菜中心の食事がおすすめです。

生活リズムをきちんとしましょう。ストレスは胃にも負担をかけます。ストレスをうまく発散させることも重要ですが、ストレスを和らげるために睡眠も重要です。決まった時間に寝て、決まった時間に起き、質の良い睡眠をとりましょう。生活リズムをきちんとすることで胃のリズムも整ってきます。

 - 健康

ページ
上部へ