日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

下腹部の痛みと下痢。この2つが一緒にきたら何かの病気かも?

      2017/03/24

下腹部の痛みと下痢。この2つが一緒にきたら何かの病気かも?

ずっと下腹部が痛いし下痢気味。

この症状は何かの病気かもしれない。でも不安にならないでください。

下腹部の痛みと下痢の症状について考えられる病気について調べてまとめてみたので自分の症状に似ているか、参考にしてください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

 下腹部の痛みや下痢が続くことで考えられる病名は?

生理の日以外でも下腹部の痛みがあり下痢も続いています。吐き気もあり、胃が痛いときもあります。受験生なので精神的なものなのかとも考えてますが、友人にも顔色が悪いと言われたこともあり、なにかの病気じゃないか心配です。いろいろ検索してみましたがたくさんの病名があり混乱してしまいます。

このような場合の症状は消火器内科を受診するとようでしょう。下痢や胃の痛み、吐き気等は消火器の症状になります。検査キットを病院でもらい、自宅で採取して後日提出も可能ですので便の潜血検査も受けるとようでしょう。どこかで出血があれば便に血液が混じっているのでわかります。受験生ということもあり、胃腸はストレスに弱いので一時的な症状かもしれません。治療の必要な病気じゃなくても、このような症状がでる場合もあります。そのときには心療内科の受診がおすすめです。まずは、消化器内科を受診して病気がないか調べて下さい。

子宮筋腫の人は下腹部の痛みと下痢の症状が悪化しやすい?

女性はホルモンバランスの関係で生理周期と合わせて下痢をする、またはお腹がゆるくなったり、便秘が解消されるなどの症状がある方もいます。

婦人科系の病気で子宮筋腫を患っている方はこのような症状が酷くなりやすいと言うこともあります。このため周期的な下痢があってもあまり気にしてない方が多いのかもしれません。普段から便秘症ですとお通じがないよりは下痢になったほうがいいと言う方も中にはいらっしゃいます。

月経中は経血を排出する動きに連動して付近にある大腸も同時に収縮運動を行います。これにより下痢をしたり下痢にならなくてもいつもよりはお腹がゆるいといった症状になりやすいのです。子宮筋腫の方は強く症状が表れることがあります。筋腫自体は治療が必要じゃない場合もありますがひどくなければ下痢止め程度の対応で大丈夫です。気になるようでしたら婦人科の受診をおすすめします。

下腹部の痛みと下痢・・・過敏性腸症候群かも?

以前は大腸過敏症と呼ばれていましたが現在では過敏性腸症候群といわれ大腸の過敏状態によっておきる疾患とされていました。最近では大腸だけでなく小腸も含め消火器全体の病気であることが発見され過敏性腸症候群といわれるようになりました。

これまでいろいろな定義がされていましたが今現在の過敏性腸症候群は「半年くらい前からの腹痛や腹部の不快感があり、3ヶ月ほど排便によって症状が軽くなったり腹部の症状の始まりが排便の回数、便の状態の変化からあらわれる」と定義されています。

過敏性腸症候群は3つの種類があり、症状によっては下痢型、便秘型、また下痢と便秘を繰り返す交換型に分けられます。少し前にはこの症状の他にもガス型があり、腹部膨満感や排ガスが多い症状のことで4つの病型がありました。具体的に分けると腹部症状と排便症状に分けられます。

腹部症状はキリキリとした痛みの腹痛や鈍い痛み、差し込む痛みなどいろんな表現がありますが腹部の左下腹、上腹部の痛みを訴えるひとが多数います。痛みの症状が出る時間帯は早朝や食後排便前などが多いですがこの痛みは排便によって痛みが改善されます。排便時の状態は便秘や下痢を繰り返したり、排便してもすっきりせず何度もトイレに行く、トイレで座ってても排便はないが排便があるようなきがして何度もトイレに行く。などがあります。

下腹部の痛みと下痢が起こった時の対処法とは?

辛い痛みを伴う下痢になった場合はどのような対処がよいのでしょうか。大切なのは最初に下痢になった原因を突き止めることです。数日前の生活を振り返り暴飲暴食など、食当たり、身体を極端に冷やしたなど思い当たることがないかかどうかを確認してください。このようなことが原因の下痢には整腸剤や下痢止めを飲んで様子をみてみましょう。下痢のときは腸の動きが活発になっているので腹部を温めて安静に過ごしましょう。

食事はできれば2、3食抜いて症状が落ち着くまで消化の良いおかゆやうどん、生姜のスープにしましょう。生姜は身体を温める作用があるのでうどんにいれてもよいでしょう。整腸作用があるヨーグルトなど胃腸への負担が少ないものを少しずつ口にするようにしてください。

下痢は続くと脱水症状になる可能性もあるため白湯や冷たくないミネラルウォーター、スポーツドリンクを少量ずつ摂りこまめな水分補給をしてください。白湯に薄く輪切りにしたレモンを浮かべて香りを楽しみながらすするのもリラックス効果があります。嘔吐や発熱、痛みの激しい腹痛がある場合にはウイルス感染や食中毒の場合もあります。このような症状のときにはできるだけ早くウイルスや細菌を体外へ排泄することが大切です。

下痢止めの薬を服用するとウイルスや細菌を体内に留めることになってしまうので下痢止めを飲むのは控えましょう。症状が辛いときには病院へ受診しましょう。

女性特有の下腹部の痛みで考えられる病名は?

月経困難症とは重症な生理通でこのほかにも腰痛や頭痛、下痢や嘔吐などの症状もあり学業や仕事など社会的生活を送るのが困難になることをいいます。この症状は出産の回数や年齢を重ねるごとに減っていきますが年齢が高い場合や強い痛みの場合には他の病気の可能性もありますので産婦人科を受診しましょう。

子宮内膜症や子宮筋腫なども考えられます。

子宮筋腫は女性ホルモンの働きによってできるコブのようなもので良性の腫瘍のことです。小さな腫瘍ですとほとんどの女性にあると推測されています。症状は生理の出血量が増えることや、そのことで起きる貧血、動悸、筋腫が大きくなったら膨満感などもあり、不妊症の原因にもなる可能性があります。ですが子宮筋腫は必ず治療が必要というわけではなく治療の対象となる不妊や早産、流産が原因で15%ほど治療が行われています。

子宮頸がんや子宮体がんは40、50代に多いとされていましたが最近では20、30代でも検査でわかる方もいます。症状としては不正性器出血で初期の段階では気づかず、おりものに血が混じったり下腹部痛や腰痛などもあります。

女性は男性に比べて筋肉量が少なく身体が冷えやすいといわれています。身体が冷えると月経痛も酷くなり血流量も少なくなりますのでなるべく冷たいものをとらないようにして身体を温めると月経痛も楽になります。女性は閉経後の出血した場合は産婦人科を受診することをおすすめします。

 - 病気・薬

ページ
上部へ