日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

風邪じゃない?腹痛と高熱が症状として起こる病気について

      2017/03/24

風邪じゃない?腹痛と高熱が症状として起こる病気について

腹痛と高熱の症状がでたら、まずは風邪を疑いますよね?

でもそれって、もしかたら風邪じゃないかもしれません。

高熱と腹痛が起こる原因や、胃腸炎からくる高熱と腹痛、その他の考えられる病気についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

風邪?高熱と腹痛が起こる原因とは?そのメカニズムについて

人の体は通常体温調節機能があり、それによって体温は一定にコントロールされています。しかし菌感感染などが原因で体の中で免疫細胞の活動が活発化した時に、発熱の症状が起こります。もっと詳しく発熱のメカニズムを説明すると、体内に入ってきた細菌やウィルスを免疫系が感知して、細菌やウィルスが増加しやすい温度よりも体内の温度を上げるのです。その為細菌やウィルスは増加をする事が抑えられるというわけです。また熱が高くなることで免疫系の細胞の活動は活発化します。体にとって発熱とは免疫系が活発に動き出す事と、細菌やウィルスを増加させないようにする事、両方の役割を持っているのです。

発熱しているという事は、体で何かが起こっている証拠
つまりウィルス感染や異常細胞( がんなど )が体内に潜んでいると発熱をする。そう考えると発熱が続くような場合は、病院での検査や治療が必要となります。

次に腹痛のはなんで起こるのか?について
腹痛といっても、痛みの場所によっても原因は異なりますし、痛みの範囲や痛みの続く時間、痛みが起こるタイミングまたは、腹痛と一緒に起こる症状によって原因や疾患場所が変わってきます。いずれの場合も内蔵の中で炎症が起きる場合は、激しい痛みを感じる事が多いです。痛みが我慢できないような場合は、速やかに病院での診察をオススメします。

発熱=風邪?!そのほかに高熱と腹痛がおこる病気について

風邪以外でも発熱を起こす病気はたくさんあります。まず日々で起こりやすい原因をご紹介します。

熱中症
熱中症とは真夏の暑い日に炎天下の中で活動をしたりすると発症する場合が。また室内だからと安心も出来ません。部屋の温度が高くなっている場合も可能性は十分にあります。

症状
一般的には発熱、発汗、頭痛、ひどい場合には意識障害も。特に子供やお年寄りは症状に、気づきずらいので暑い日には注意が必要です。

食あたり
食中毒になると、発熱する場合もあります。発熱以外の症状として、下痢、嘔吐、腹痛などが見られる場合が多いです。熱中症や食あたり、どちらも症状が軽い場合は病院へ行かなくても、改善される場合がありますが、症状が改善されない場合は重症化する場合もあります。

症状が重いかも・・・と感じたら、自己判断せず迷わず病院へ行きましょう。

高熱に腹痛は風邪じゃなくて急性胃腸炎かもしれません

急性胃腸炎は精神的な事が原因で発症する場合と、ウイルスや細菌などに感染して発症する場合、大きく分けて2種類に分類されます。

精神的な事が原因で発症する場合の、ほどんどはすぐに症状が和らぎますが、ウイルスや細菌などに感染して発症する急性胃腸炎の場合は、時間が経過するとさらに症状が悪化する可能性があります。

その場合は胃や腸が炎症を起こしているので、強い痛みや時には出血を起こす場合も。そしてウイルスや細菌が原因の急性胃腸炎では高熱を引き起こす可能性が高いです。発熱のメカニズムは、ウイルスや細菌が体内にある場合は、体温をあげて免疫系を活発に働かせたり、ウイルスや細菌を増加させないようにする為です。なのでウイルス性の胃腸炎の場合は発熱も伴う事が多いのです。

発熱以外にも高熱、嘔吐や下痢、吐き気なども症状としてあらわれます。とくに腹痛と高熱が両方症状として出ている場合は、ウイルス感染や細菌感染が原因の胃腸炎が疑われます。その場合のほとんどは抗生物質などの薬による治療が必要になりますので、症状が現れたらすぐに病院へ受診すると良いでしょう。

風邪じゃない、その高熱とインフルエンザが原因

インフルエンザの代表的な初期症状

  • 38度以上の高熱
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 倦怠感
  • 吐き気
  • 下痢
  • 咳、たん、くしゃみ

これらの症状がいくつか見られるようなら、インフルエンザを疑った方がいいと思います。最も多くみられる初期症状は、高熱とともに頭痛が起きる場合が多いです。

インフルエンザと風邪の見分け方
症状を見るだけでは、とっても風邪と似ていますが、違う点は症状が急変する事です。風邪の引き始めは徐々に症状が出始めますが、インフルエンザの場合は急に高熱が出る事が多いです。

また風邪なら鼻水、咳、くしゃみから症状が出る事が多いですが、インフルエンザの場合はこのような症状は後から現れることが多いです。インフルエンザかも!?と思ったら、とにかく早めの病院への受診が1番です。

発熱の原因がわからない・・・精神的ストレスも視野に

微熱や高熱、倦怠感、頭痛や腹痛、吐き気などの症状、風邪かな?と思うのが普通ですよね。でもいつまでたっても、症状がおさまらない。病院で風邪薬を処方してもらってもダメ。rそんな時はその症状、精神の不調からきているのかもしれません。

仕事に行くと、人に会うと極度に緊張する。これって慢性的なストレスかもしれません。ストレスを感じて微熱が出ているのでは?そんな場合は日常生活を見直してみて下さい。仕事が忙しすぎる方は少しペースダウンを、睡眠時間を十分に取る事も大事です。

心因性の発熱を訴える人は完璧主義の人が多い
完璧主義の為、なかなか休養を取る事が出来ない人が多いです。
そんな場合は全てをやろうとはせずに、一番重要な事から終わらせる。
物事に優先順位を付ける事が大事です。
そうして一番厄介な仕事が片付いたら、一休みする事!オンオフの切り替えをしましょう。

 - 病気・薬

ページ
上部へ