日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

貧血と脳貧血は別物!?症状に冷や汗が出る時の対処方法をご紹介

      2017/03/24

貧血と脳貧血は別物!?症状に冷や汗が出る時の対処方法をご紹介

意外と知らない、貧血と脳貧血の違い。

そもそも脳貧血ってナニ?症状に冷や汗が出る場合は貧血?脳貧血?そんな疑問について調べてみました。

脳貧血が起こる原因と対処方法、気になる治療方法や予防方法などもご紹介いたします。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

これって貧血!?冷や汗が止まらない、こんな症状の場合は・・・

貧血と脳貧血の違いって知っていますか?

貧血

酸素を運搬する赤血球が血液の中に少ない状態、赤血球に含まれる血色素が不足した状態です。このことから体は当然酸素不足に。

症状
酸素不足からくる頭痛、居眠り、動悸、息切れ、よく高い山に登ると酸素が薄くて動きづらいって言いますよね、そんな感じが貧血になるといつも体に感じられます。

冷や汗やめまい、ぼぉーっとするなどの症状は脳貧血です。貧血と言っても侮ってはいけません、貧血にも種類がありますし、違う病気から貧血の症状になっている場合があるので必ずお医者さんに相談しましょう。他にも貧血の症状として、疲れやすい、体がだるい、爪の色の赤みがないなどがあります。

冷や汗は脳貧血の症状!?脳貧血の主な症状をご紹介

貧血と似た脳貧血

どちらも貧血でしょ?何が違うの?そう思いますよね。集会や朝礼で倒れてしまう人見かけますよね。これこそが脳貧血。どんな症状かというと長い時間立っていると目の前が暗くなり、倒れてしまう。立っているとだんだんと具合が悪くなり、冷や汗が出たり顔色が真っ青になる。しゃがんでから一気に立ち上がると、立ちくらみを起こす。こんな症状は脳貧血の症状です。

脳貧血を起こすとその場で倒れてしまう事があります。頭を打ったりすると大変な事になるので、脳貧血かも?と思ったら椅子に座ったり、横になったり、周りの人に助けを求めるなど、早めに対処をしましょう。また自分で脳貧血だと思っていても実は貧血。なんて事もあるかもしれません。自己判断せずに、何度も症状が起こる場合は病院で検査をする事をオススメします。

冷や汗や吐き気までする脳貧血、その原因や症状は?

冷や汗や、目の前が暗くなる脳貧血。何が原因で脳貧血になってしまうのでしょうか?気になりますね・・・貧血ってつくのだから鉄分不足?そう思いがちですが、先ほどもお話ししたように貧血と脳貧血は違います。血液の成分や薄さには関係していません。ただし脳貧血と貧血両方の症状が出ている方には、鉄分の摂取は重要です。

では何が原因なのか

脳へ送られる血液が十分でない事から脳貧血がおこります。そしてなぜ脳へ十分に血液が送られないかというと、低血圧や自律神経の働きの低下。心臓から脳へと重力に逆らって血液を送り込んでします。そしてその血液が逆流しないように逆流防止弁が付いています。この血液を送り込む力(血圧)や逆流防止弁の働きを調節しているのが自律神経です。

自律神経が乱れると、これらの調節がうまくいかない為に脳貧血になってしまうのです。そして自律神経が乱れるのは、ストレスや睡眠不足、疲れが原因です。

気になる!脳貧血のその場ですぐ出来る対処法

よく脳貧血になる方は対処方法が気になりますね。まず脳貧血は脳に血液が回らない状態になっているので、横になるのが一番です。でも集会や朝礼など、その場で横になれない場合はどうしたらいいか。そんな時はすぐにその場でしゃがむのが効果的です。しゃがむ場合は頭に血液が回るように頭を下げると、より早く回復します。けして無理をしない事、そのまま我慢をして立っていると倒れてしまう場合もあります。その時頭を打ったりしたら大変ですよ。

とにかく落ち着くまでは、横になったりしゃがんだりして安静にしていてください。大抵の場合は脳に血液が回り始めると、症状も落ち着きます。パニックを起こさずに安静にする事が大事ですよ。もし動いている最中に脳貧血になってしまったら意識がなく倒れてしまった場合は、周りの人が救急車を呼ぶなどして病院へ連れて行くことをオススメします。

周りの人が出来る応急処置としては、着ているものを緩めて血流をよくしてあげる事。ベルトやネクタイ、靴などを脱がせたり緩めたりしてあげて下さい。

脳貧血を治したい・・・脳貧血の治療方法と予防法

脳貧血が必ず治るという治療方法はありませんが、予防をする事は可能です。難しい事はありません。日頃の生活で少し気を付けるだけで出来ます。まずは一番脳貧血になりやすいのは、急に立ち上がった時です。よく立ちくらみをする事ありますよね。それは急に立ち上がって、頭の位置を低い所から高い所に移動させるので血圧が下がり、脳に血液が回りきらないからです。ゆっくりと立ち上がったり、起き上がるようにしましょう。

もちろん朝起きる時も、急にムクっとは起き上がらずにゆっくりとです。出来れば布団の中で手足の運動など、少し体を動かして血液の循環を良くしてから起きるとなおいいですね。

日頃の適度な運動も効果的です。ウォーキングや水泳などを毎日20分位する事で血液の流れがよくなります。しかしやりすぎは脳貧血を起こしてしまう可能性があるので要注意。お風呂での脳貧血、立ちくらみも良くあります。お風呂から上がる時は、首筋に30℃位のぬるま湯を数十秒かけてから上がりましょう。これだけで立ちくらみを予防できます。

また意外ですが下痢や便秘などの腹痛が原因で脳貧血になる場合も・・・なるべくお通じがよくなるように、野菜を多めにとる、水分が少なく便秘になる事もあるので、適度な水分摂取も大事です。そして自律神経を正常に働かせるためには、ストレスをためずに生活する事も重要です。

 - 健康

ページ
上部へ