日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

ストレス?ダイエットしているわけでもないのに体重が減少

      2017/03/23

ストレス?ダイエットしているわけでもないのに体重が減少

ダイエットしているわけでもないのに体重が減少して困っていませんか?

何もしていないのに体重が減少して来たらストレスが原因の可能性があります!

食欲不振になり体重減少する原因と対策について調べてまとめました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

ダイエットもしていないのに体重が減る原因はストレスかも?

ダイエットしているわけでもないのに、体重が減ってしまう・・・。体重が減ることについて病気以外のことを考えましょう。

まず、食事の量が減っていませんか?このことが一番の原因かもしれません。ダイエットしてないし、食事の量も変わっていないという時は運動する時間が長くなったり、量が増えたりしています。ジムなどで運動する以外にも、通勤する時に歩くようになったり、座って仕事していたのに立ち仕事が増えたなどいつもと違う生活になったことで消費するカロリーが増えたなどの原因が考えられます。

またたばこを吸うと食欲がなくなるという実験結果もあります。精神的なストレスが原因で食欲が低下する時もありますね。ストレスは消化吸収を促進する副交感神経の働きを抑えてしまいます。このようなことによって、食欲がなくなってしまい、食事の量が少なくなったり、消化吸収する力が低くなったりするので体重が減るのです。最近体重が減り始めたらストレスかもしれません。

体重が減少するのはストレスが原因かもしれない?

近頃、あまり食事の量を食べれなくなり、ストレスのせいなのか体重が減りました。朝食を食べないのはよくないかもしれません。朝起きるのが苦手で、出勤するギリギリまで寝ています。朝おなかは減っていますが時間がないので食べないで仕事に出てしまいます。今の状態だと細くなりすぎてしまうから、ダイエットではなく体重を増加させたいと思っているけど、なかなか実行できません。

私はあまり胃腸が強い方ではなく、よくお腹が痛くなります。そのことも痩せてしまう原因のひとつかもしれません。胃や腸の運動は副交神経で促進されるので、ストレスや睡眠不足は副交感神経の働きを悪くしてしまいます。ストレスが食べ物の消化や栄養の吸収を妨げているということになります。体重の増加を望んでいるなら、ストレスを溜めない生活を心がけましょう。

ストレスで体重が減少?日々のストレスを溜めない

食欲不振は色々なことが考えられます。食欲不振の症状が出ても原因によって治療の仕方が異なります。食欲不振の原因の中で一番問題なのがストレスによる精神的なものです。今はストレス社会と言われるような時代なので注意が必要です。一番多いのが会社に勤務する会社員です。毎日のように上司や取引会社のひとから圧力を感じることがあります。そのことを毎日我慢して過ごしています。日々嫌なことが溜まってしまいます。

ストレスをいっぱい感じると、中枢神経の働きが悪くなります。この神経は片田の内臓の働きにも大きく関係します。胃や腸の機能が低下するとこもあります。このことが食欲不振になる原因かもしれません。

食欲がないと、どうしても食べる量も減ってしまいます。なので体重の減少にもなります。体重が減るといつものように過ごせなくなってしまい、仕事でのミスにも繋がるようになってしまいます。そして次なるストレスになり体重が減少。悪循環になります。このような状況にならないためにも、日々ストレスを溜めない生活を送るように心がけることが大切です。週末にはリフレッシュするようにしましょう。

ストレスと溜めないためにはカフェインがおすすめ!

人は、急激な変化に陥ると起こる「急性ストレス」と持続的にかかる「慢性ストレス」の2種類があります。カフェインを取ることで慢性ストレスが軽くなり「うつ」や「記憶力の低下」の悪影響を減らすことが可能になります。イライラを溜めないようにするにはいつもより多めにカフェインを取るように心がけしましょう。少しの心がけで心の持ちようが少し変わります。

カフェインが慢性ストレスを軽減するのに効果的と発表したコインブラ大学で働く研究チーム。カフェインが脳にどのように影響を与えるかを調べました。慢性ストレスは脳の海馬にある神経回路を変化させてしまうこともあります。このようなことが起きると人の気分は減退して記憶力低下、気分の落ち込みがあるそうです。

研究チームは人間と同じようにハツカネズミでも同じように実験しました。「長期的なストレス」を与え実験した結果ネズミも慢性ストレスになり体重の減少や記憶力の低下が見られました。無気力になり刺激に対しても敏感ではなくなってしまったそうです。実験後、カフェイン入りの水を飲ませることでストレスに与える効果についても実験しました。結果はカフェインを取ったネズミはうつ状態が少しずつ解消され、記憶力も改善されていったそうです。

体重が減少し続けるのは病気かもしれないです

  • 神経性食欲不振症(拒食症)
    体重増加による恐怖心からカロリー制限したり、わざと吐いてしまったり、下剤の服用などで20%以上も体重が減ることがあります。女性は3ヶ月以上無月経が続くこともあります。思春期の女性に多く見られ、痩せていく事がうれしくなります。その一方で不整脈を起こしてしまい、突然死することもあります。
  • 糖尿病
    インシュリンの分泌や作用が低下して、血糖値が慢性的に高くなる生活習慣病。食事から取った糖質をエネルギーとして利用できなくなるので、その代わりに脂肪やたんぱく質を分解してエネルギーとして利用するので体重が減少していきます。肥満や老化や遺伝が関係していることが多いです。
  • バセドウ病(甲状腺機能亢進症)
    甲状腺ホルモンが異常に分泌されてしまう病気です。代謝が良くなるので食欲もあり、いっぱいたべていても痩せていきます。甲状腺の腫れ、眼球の突出、動悸などの症状があります。免疫の異常や遺伝が関係していて、20から30代の女性に多く発症します。男性の発症も珍しくないです。

 - 健康

ページ
上部へ