日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

友達のメールを無視する心理状態とは?深い意味はあるのかな…

      2017/03/16

友達のメールを無視する心理状態とは?深い意味はあるのかな…

メールの返事を無視されたことはありますか?

LINEの既読を無視されたことありますか?

友達とのコミュニケーションツールの一つとしてメールやLINEは定番中の定番ですよね?

でも返信をせずに無視されたことありませんか?

その場合、相手はどういう風に考えているのでしょう。知りたいですよね?

もしかしたら「無視」という感情表現なのかもしれません。

あるいはメールの内容に自分の中で返事をして終わり…というパターンかも。

自分はメールをもらったら短くても返事をするようにしたいですね。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

送ったメールを無視する友達。何を考えているのかな?

メールを送っても全然返事がこないという経験ありますか?

返信不要のような報告だけのメールではなくて「連絡ください」や「返信お願いします」などの約束の確認のようなメールでも返事がきません。特定の友人から返信がないのならその友達に嫌われているのかと思うのですが、大半の人からメールの返信がありません。私は誰からでもメールがきたなら返信をします。しかし他の人はそう考えてはいないのでしょうか?電話やメールを無視する人の気持ちや考え方を教えてください。メールの返事を返さない友達の性格自体は悪くありません。メールの返信がくることもあります。

私のメールの内容はどうでもよくて、自分が暇な時には返信をするけど、忙しい時や私のメールの内容に興味がなければスルーですか?最近その友達に対して「自分勝手じゃないの?」という疑問がわいてきます。

友達からのメールを無視する人は大抵「面倒くさがり」な人

「面倒くさがり」な人は存在します。

もし、あなたが几帳面で何事に対してもきちんと向き合って処理する人生を歩むタイプの人間なら信じられないことかもしれませんが、「面倒くさがり」「おおざっぱ」で何事にも大体の感じで物事に取り組む人が居るのです。

しかも少数ではありません。そういう人はメールを送って自分の中で返事をして終わってしまいます。スマホやパソコンに向かってきたメールの相手に対して返信をするのではなく自分の中で返事をしてそのメールは終了になります。でも、メールを送信した側からすると返信がなければ「あれ?送られてないのかな?」と心配になりますよね?そして再送してみると返信が来たりします。大切なのは内容ではなくコミュニケーションが取れているかということです。

忙しくてメールの返事に時間を割けないようなら電話するのもいいでしょうし、「メールありがとう!後で連絡します」と一行だけでもメールするようにしましょう。メールの内容が約束の確認だったり、「久しぶり?元気?何してるの?」のようなご機嫌伺の場合で特に返信することがなくても返信するように心掛けましょう。

送った人からすると何気ない内容で相手の都合を計ってから何かを持ち出したいのかもしれません。メールは受け取った側が返信するのかしないのかを判断する場合が多いですが、全く返信しないのはマナー違反ですよね?

感情表現としての無視もある。友達とのメールに気をくれを感じたら…

メールの返事面倒だな~と思って何となく放置してしまう事ありますよね?

その自分の深層心理を考えたことありますか?もしかしたら自分はそのメールをくれた相手に対してあまりよくない感情がありませんか?「無視」というのは感情表現の一つですよね?相手に対して特段苦手意識がなければ町で顔を合わせたら声を掛けますよね?コミュニケーションを計りたいと思うはずです。でも、「あっ会っちゃった。でもあちらは気づいてないから知らないふりをしよう」という心理が働きませんか?

「無視」というのは立派な感情の表し方ですよね?
しかし、人間誰しも自分が嫌われているなんて思ってはいないのでその「無視」という感情表現は相手に伝わりにくく、疑問しか残しません。自分が意図していなくても無視してしまう場合がありますよね?

ライフスタイルは人それぞれ。「こんな時間だと迷惑じゃないのかな?」と思っているうちに何となく返信するタイミングが計れずに時が経ってしまい結果無視してしまったということになってしまいます。これは絶対に避けなければなりません。

友達とのLINE。既読無視ってちょっとつらい…

最近はメールよりもLINEでやり取りすることが主流となってきていますよね。LINEは「既読」が付きますから一度開いたなら「読んでくれている」と相手に伝わりますね。

特に返事をする内容ではなくてもこのLINEはメールではなく「会話」の要素が強いためメールよりも「無視した!、無視された!」と感じることが強いのではないのでしょうか?

ここで便利なのが「スタンプ」機能ですが、友達ではない相手に対して送ることに気が引けてしまう事もありますよね?最近の調査でLINEの返事に「了解しました!」と一言で返事が送られてくると約6割の人が「失礼」だと感じると回答しています。正直なんって言えばいいんだよ…というところでしょう。コミュニケーションを図るって難しいですよね…。

受け取る私たちも相手の返信を待つだけではなく、既読が付いて返事が来ない場合はOKと判断してもいいのではないのでしょうか?LINEの既読で一日モヤモヤしたくないですもんね…

中学生の約4割はスマートフォンを利用している

現在中学生のスマホ所有率は約4割だそうです。

スマホで主に何をしていますか?と言う問いに対して約8割の子供が「LINE」と答えています。部活動の連絡事項がLINEで送られてくることをきっかけにスマホを購入したという人も少なくありません。LINEは子供たちのコミュニケーションツールとして確立されているようですね。LINEに限ったことではありませんが、このスマホを使ったいじめが存在することも悲しい現実です。LINEでのグループチャットから突然に外されたり、そのグループの中で悪口を書き込まれたりするそうです。

本来コミュニケーションを図って人間関係を円滑にするためのツールなのにネガティブな使われ方をしてしまうのは悲しいですね。スマホを使うと使用制限をかけてもやはり全世界とつながってしまうという意識を持ちましょう。

特定の知っている人間からの嫌がらせやいじめには対処できますが、「ワンクリック詐欺」のような問題は金銭が絡んでいる場合がほとんど。子供にはスマホ使用に関してトラブルが起きた場合はすぐに親へ相談するように普段から話しておくようにしましょう。

 - コミュニケーション, 未分類

ページ
上部へ