日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

パーマとトリートメントを同じ日にするのは【髪】のためです!

      2017/03/08

パーマとトリートメントを同じ日にするのは【髪】のためです!

美容院でパーマをかける時ってトリートメントもしてくれますが、同じ日に行うには何か特別な理由があるのでしょうか?

パーマで髪の毛が痛むからトリートメントをするの?パーマの前にトリートメントしてくれるところもあるけど、その理由は?

パーマとトリートメントを同じ日にする理由について説明します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

パーマとトリートメントを同じ日にするのはなぜ?

髪の毛が痛んでいるというのは、どんな状態になっていることなのでしょうか?

痛んでいる髪の毛は、キューティクルの内側にあるタンパク質が髪から流れてしまい、スカスカと穴が開いている状態になってしまっています。こんな穴の開いている状態は「ポーラスヘア」と呼ばれています。縮毛矯正パーマやヘアカラーなどを何回もくり返していると、髪の毛はタンパク変成を起こしてしまい、ボロボロの状態になってしまっているのです。

実は、デジタルパーマなどを同じ箇所をかけるのは「3回」までだと言われています。これが限界なのです。それなのに、髪の毛が痛んだ状態でパーマをかけるとどうなってしまうのでしょうか?

パーマはかからない上に毛先がちりちりになり、毛先もからまってしまいます。そのため、ブラシなどでとかすと切れてしまうことになります。ここまでダメージが進んでしまうと、髪の毛を切る以外に修復する手段はありません。そんな手遅れの状態にならないために、開いてしまった穴の部分に低分子のトリートメント(ケラチン)タンパク質などを補い、一時的に穴をふさいであげましょう。

髪の毛を電車に例えてお話しします。満員電車に乗ると、目的の駅に着いても人が多くてなかなかホームに出れませんよね?

これが空いている電車だと簡単にホームに出て行けます。髪の毛もそんな感じです。パーマやカラー剤が出て行かないように、髪の毛を満員の状態する必要があるのです。もちろん、せっかく穴をふさいでも水で流れしまったら、意味はありません。特に傷んでいる毛先の部分を中心に、油性のトリートメントで包んであげることも大切です。

美容院でパーマをかけると、必ずトリートメントをしてくれますよね?それは上記のような理由があるからなのです!

パーマをかける前に行われるトリートメントとは?同じ日にする理由は?

美容院で行う「前処理トリートメント」とはどんなことを言うのでしょうか?

これは名前の通り、カラーやパーマなどの処理をする前に、施術による髪へのダメージを和らげるために付けるトリートメントのことです。前処理トリートメントは美容院によって言い方にも違いがあり、「PPT」や「処理剤」「前処理剤」「前処理トリートメント」「保護剤」などと言ったりします。基本的には全部同じジャンルのものですが、本当に言い方は色々ですよね。

昔はPPTや前処理剤と言われることが多かったようですが、これは完全に同じ意味でPPTという成分をカラーなどの施術をする前に入れることから、PPTのことを前処理剤と言ったりそのままPPTと呼んだりしたのです。

この前処理トリートメント、施術すると髪の毛がサラサラになるわけではありません。あくまでもダメージを軽減させるものでしかなく、普通にしたらもっと痛むカラーの痛み度合いを減らしてくれるだけだということをお忘れなく!

パーマとカラーを同じ日にするなら、トリートメントでアフタ-ケアを!

仕事をしている女性は、なかなか美容院へ行く時間がなくて、カラーとパーマを同じ日にすることもあるでしょう。同じ日にカラーとパーマを同時に施術するということは、薬が良くなってきているとはいえ、髪の毛には負担をかけることになります。アフターケアをしっかりするようにしましょう。

家でできるアフターケアで注意することをお話しします。

まずシャンプーですが、洗浄力の強すぎないパーマやカラー用のシャンプーを使うようにしましょう。そしてシャンプー後に洗い流すトリートメントを使って、浸透させてあげます。そしてドライヤーの前に洗い流さないトリートメントを使いましょう。ブラシやくしは雑に通さないようにします。ドライヤーを使う時は根元の方から乾かすようにします。毛先は乾かしすぎないように心がけましょう。日頃からきちんとケアすることが、パーマの持ちやキレイなカール・ウェーブを出し、カラーの持ちを良くすることにつながります。もちろん、ツヤや指通りにも影響してくるでしょう。

できればカラーとパーマは同じ日にせず、先にパーマをかけて、パーマが定着してきた1~2週間後にカラーをするのが理想です。髪の毛に負担をかけないためには、そうした方がいいでしょう。

パーマを少しでも長持ちさせるためコツは?

パーマをかけた時には、少しでもパーマを長持ちささえたいもの。お金もそれなりの金額もかかりますし時間もかかります。

そこで、パーマを長持ちさせるた為の方法をご紹介します。

〇クシを使うことはNG

髪を切ったりパーマをかけると鏡を見て、自分の髪型をチェックしますよね。そんな時はクシでとかしたり直したりしたくなりますが、クシを髪に入れてしまうと、パーマが伸びてしまうことから、考えられるのでクシを使うことはNGです。

〇シャンプーは我慢を!

パーマをかけた時は、夜にはシャンプーをしたいですよね。仕上げなどにスタイリング剤などを使用した時には、落としてから眠りたいですが、パーマを長持ちさせたいのであればシャンプーは我慢することが大切です。もし、スタイリング剤などが気になるようでしたら、今日はつけないでほしいと美容師さんへ伝えると、希望通りしてくれるでしょう。

〇トリートメントをするとパーマの効果がなくなる

パーマをすると、髪が痛まないようにトリートメントをしたくなるものでうが、実はトリートメントをするとパーマが落ちてしまうことがあります。トリートメントは髪に栄養を与え水分を保つ効果がありますが、パーマを長持ちさせる効果は低下してしまいますので、どうしても髪が痛むのが気になる場合にはパーマ用のトリートメントを使用しましょう。

パーマをかけた後にはこんなトリートメントがおすすめです!

パーマをかけた後って、どんなシャンプーやトリートメントを使うのが理想なのでしょうか?

シャンプーやトリートメントの選び方を間違ってしまうと、パーマがとれやすくなってしまいます。パーマのかけた後2日くらいは髪の状態が不安定になっています。洗浄力の強いシャンプー髪の毛を洗うとパーマが取れやすくなるので、タンパク質やアミノ酸を含んだ洗浄力が弱めのシャンプーを使うようにしましょう。

トリートメントにも注意が必要です。過度なトリートメントもパーマがとれる原因になってしまうので、自分の髪のダメージなどに合ったトリートメントを使うようにしましょう。

そしてドライヤーを使う場合も気をつけましょう。髪の乾かし方もパーマに影響にします。勢いよくドライヤーで乾かしてしまうと、パーマの保持力が落ちてしまう原因になります。

パーマを長持ちさせカールも出すには、ドライヤーを使うよりも自然乾燥が良いと言われています。まず根本中心に6割程度乾かします。その後毛先はスタイリング剤をつけて自然乾燥させるのがコツです。

パーマのカールを出したいのであれば、自然乾燥にしましょう。

 - 雑学

ページ
上部へ