日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

産後のガードルはいつまで?産後ガードルを選ぶ際のポイント!

      2017/04/03

産後のガードルはいつまで?産後ガードルを選ぶ際のポイント!

産後の体形リフォームは、皆さん悩むところですよね。

始めるのに適している時期はあるの?

いつまで使うのがいいの?

まずは、体の回復を最優先しましょう。

産後ガードルを選ぶ際のポイントや注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

産後のガードルはいつまで続けるのがいいの?

産後のガードルにはどのような効果があるのでしょうか。骨盤の矯正、たるんだお腹周りや太ももなどをシェイプアップさせ、ボディラインを整えてくれます。服を着た時の印象も違うでしょう。産後、まず開いてしまった骨盤を矯正することから始めましょう。骨盤矯正ベルトやニッパーなどを使い整えていきましょう。骨盤がゆがんだままだと、産後の体形リセットもなかなかスムーズに進みません。骨盤を整えた後は、たるんでしまったお腹周りやお尻、太ももなどを引き締める効果のある産後ガードルを使用しましょう。

一般的に、『ソフトタイプ』『ハードタイプ』とに分かれますが、両方とも締め付け感は強く感じられると思います。子宮の回復を第一に考え、使用していきましょう。産後ガードルを付ける期間は人それぞれ違いがあるようですが、ほぼ妊娠前に体形が戻ったと感じると辞める人が多いようです。早い人で3か月、長い人では1年と、個人差のあるものです。

産後のガードルはいつまでではなく、ひとりひとり差の大きいもの

産後というのは、体もまだ完全に回復しておらず、デリケートな時期です。産後の1ヶ月くらいは『悪露』と呼ばれる血液などが子宮からまだ出てくる時期です。この『悪露』が出ている時期を産褥期と言います。まだ悪露が出きっていない状態からガードルを付け始めるのはお勧めできません。ガードルで子宮を締め付けてしまうと、出てこなくてはいけない血液などを出にくくしてしまうことがあるからです。ガードルを付け始めるのは、悪露の落ち着いた、産後1~2ヶ月ぐらいからが良いでしょう。悪露が落ち着くのも、個人差のあるものです。産後の回復が第一ですので、焦らずに時期を待ちましょう。

ガードルを付け始めて、一つの目安としては、骨盤の矯正が上げられるでしょう。骨盤の矯正が済めば、終わりと考える人もいますし、その後、妊娠前の体形に戻るまでは頑張るという人もいます。産後のガードルの辞め時は、それぞれ個人の考え方です。産後○○ヶ月まで、必ず着けて下さい、というものではないので、ひとりひとりの体の回復と、骨盤の戻り具合によって変わるでしょう。

産後のガードルは寝ている時もいつまでも履いていても大丈夫?

産後のガードルは、妊娠前の体形に戻ると着けるのを辞める、という人が多いですが、中には、体形キープのために使用し続ける人もいます。産後ガードルは、始める時期も終わる時期も正確な時期はありません。個人の体の回復度合いや、目指す体形によってさまざまです。そのまま継続して使うことにも無理のない範囲でしたら良いでしょう。

産後ガードルにも、種類や着用感などいろいろあります。夜用の締め付け感の少ないものもあります。できれば、就寝中もそのようなタイプを付けておくのが理想ですが、着けることによって睡眠が妨げられると言ったことがある場合は、無理をしないで夜は外して寝る方がいいでしょう。締め付け感の強過ぎるガードルを、無理して着用し続けると、血流を悪くしてしまったり、悪い影響が出てきてしまうのです。

産後のガードルは体に悪くない?サイズ選びが重要

産後の体にガードルを使うことを心配している方はいませんか?産後の体を、そんなに締め付けて大丈夫なの?と考える人もいるでしょう。それにはサイズ選びが重要です。産後に早く体形を戻したいために、ワンサイズ下のガードルを買って締め付けるといったことはしないで下さい。体の締め付けが強すぎると、血流を悪くしたり、リンパの流れが悪くなったりします。そうなると、むくみが起きたり、体の代謝も落ちてしまい、痩せにくくなり、体調不良に繋がるといったことも出てくるからです。産後の体形に合わせて、締め付け感の強過ぎないものがいいでしょう。

そして、ガードルなどを使うことも効果的ですがそれだけに頼らず、自分の体を筋力アップさせることも同時に考えましょう。特に骨盤基底筋を鍛えるような動きは効果的です。ただし、こちらもご自分の体の回復を考えながら、無理のない範囲で行いましょう。

帝王切開での産後でもガードルは必要?

帝王切開で出産された方の場合でも、産後のガードルは必要なのでしょうか?中には、産後ガードルは必要ない、と考える人もいるようですが、帝王切開の場合でも骨盤は緩んでいるのです。妊娠中には『リラキシン』というホルモンが分泌されます。このホルモンには骨盤や靭帯を緩める働きがあるのです。妊娠中は、通常分娩でも帝王切開でも、骨盤で赤ちゃんを支えていることに変わりはありません。ですので、当然骨盤も歪んでしまうのです。

しかし、帝王切開の場合は、まずは傷口の回復を最優先にしましょう。傷口がまだ乾いていないような状態で付け始めてしまと、傷の治りが遅くなったり、化膿してしまったり、といったこともあります。産後のガードルを付け始めるのは、傷も乾いて、痛みが軽減した後、と考えましょう。帝王切開の方の場合、個人差はありますが、産後3ヶ月くらいから産後ガードルを使うという方が多いようです。そして、ガードルを着けることによって、傷口に痛みや違和感がある場合は、無理に着け続けるのはやめましょう。

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ