日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

自転車の補助輪を外すのは何歳から?外すタイミングを調査!

      2017/04/03

自転車の補助輪を外すのは何歳から?外すタイミングを調査!

子供の自転車の補助輪はいつから外したらいいのか、どのタイミングで外す練習をしたらいいのか悩む方も多いと思います。

補助輪を外す年齢は何歳からという決まりはあるのでしょうか?平均的な年齢は?

子供の自転車の補助輪を外すためのタイミングや年齢についてまとめてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

子供の自転車の補助輪は何歳で外す?タイミングは?

子供が小さなうちは、補助輪付きで自転車を乗らせるのが一般的ですが、いつまでも補助輪付きでいるわけにはいかないものですよね。でも補助輪を外すタイミングはいつがいいのか、これが一番悩んでしまうものです。一番いいのは、本人が外したいと言った時です。もう5歳になったのだから!と強制的にやらせても嫌がって挫折するだけです。補助輪を外す時に必要なのは、本人の「やる気」です。

自分から補助輪を外したい!という気持ちで挑戦すると、意外とあっさり取れてしまうものです。始めは何度も失敗してやる気がなくなるかもしれません。ですが親が強制するのではなく、子供自身が外したいという意欲があれば、3日で取れてしまうことだってあるのです。自転車が楽しい!と感じることができればこっちのものです。

補助輪を外すのはいつがいいのか、何歳で外すべきなのか、明確な答えはありません。本人の気持ちとやる気、この2つだけです。まずはお子さんが補助輪を外して乗りたいかどうか、これを聞いてから練習するといいでしょう。

自転車の補助輪なしは何歳からというルールはあるの?

補助輪を外して自転車を乗っていいのはいつなのか、年齢も気になると思いますが、はっきりいって決まってはいません。多くの場合、5~6歳くらいで補助輪を外して乗る練習をするみたいですが、早い子では幼稚園前の3歳で乗れる子もいます。反対に小学生になってもなかなか補助輪が取れずに苦労する子もいますので、何歳から補助輪がとれるかどうかは、個人差もあるといえます。

補助輪を外す時期は周りの環境も強く影響します。幼稚園の頃はあまり気にすることがなくても、小学生になって友達同士で遊びに行くことが増えるとどうしても自転車を使います。その時に自分だけ補助輪付き自転車だと、どうしても恥ずかくなってしまうものです。小学校へ上がる前の幼稚園年長の時期までに、補助輪を外す練習をするといいでしょう。

補助輪を外す明確なルールはありませんが、小学生前に外すのが一般的で、子供も困ることはないでしょう。また公共の場で自転車を乗る際にはルールも必要なので、約束事をしっかり理解できる年齢に補助輪を外して乗ることも大切です。

自転車の補助輪を外して乗れるようになるのは平均何歳?

実際に補助輪を外して乗れるようになるのは何歳頃なのでしょうか?

あるご家庭では、幼稚園の年中(4歳)に自転車の補助輪を外す練習をして乗れるようになったそうです。男の子2人がいるのですが、2人とも4歳の時に乗れたとのこと。3歳の頃から補助輪ありで乗っていたので、1年くらいで外せたそうです。一般的にも、4~5歳くらいで補助輪を外して乗れることが多く、早い子では3歳で外したという子もいます。一番多いのは4~5歳ですが、小学校入学前に補助輪を外して乗れるようにする場合が多いようです。

小学校へ入学すると、子供同士で自転車に乗って遊ぶ機会も増えます。そんな時に自分だけ補助輪付きだとちょっと恥ずかしい思いもしますよね。その気持ちは子供だけではなく、親も気にしてしまうようです。

自転車の補助輪を外す練習!初回に注意することは?

子供が一人で乗れるようになるまで、まずは大人が補助をして教えてあげましょう。場所は転んでも痛くない芝生があるところにしましょう。公園がおすすめですが、自転車が乗り入れできるところかどうかまず確認してください。

大人がサドルの後ろを支え、子供にペダルを漕いでもらいます。始めのうちはバランスも取れず、フラフラしたり転んだりすることも多いでしょう。まだ慣れないうちは、あまりスピードを出さずに後ろをしっかりと支えてあげましょう。ハンドルをグラグラさせないでしっかり握る、ペダルをしっかり漕ぐということを体で覚えさせるようにします。

子供も乗り始めは不安なものです。乗り方がわからず振り返ったり、ちゃんと後ろを支えて付いてきてくれているかを心配するでしょう。順調にいけば、15分ほどでコツも掴み、少しの間なら補助輪なしで走れるようになります。一番のポイントは、出来たらたくさん褒めてあげること!子供が「出来た!」という喜びや乗る楽しみを感じたこっちのものです。補助輪を外すのは、子供にとって楽しい以上に不安の方が大きいものです。

また練習を切り上げるタイミングも大切。子供が「もっとやりたい!」と意欲があるうちに終わりにするといいでしょう。まだまだやりたい!という意欲を残したまま2回目の練習をすると、やる気も起きて上達も早くなります。練習をすれば必ず乗れるようになります。焦らないことも大切です。補助輪を外す練習をするときは、このように初回がもっとも重要といえます。

親はつい厳しく指導してしまいがちですが、子供の気持ちを尊重し、やりたくないときは無理に乗せないことも必要です。

補助輪なしの自転車に乗る練習方法は2つある?

実は補助輪がついている状態でもバランスを掴み、補助輪なしでも乗れるようになる場合もあります。それは、補助輪が若干浮いているからです。補助輪が少し高いと左右の高さも違います。それによって傾かずにバランスを掴んで真っすぐに乗れるようになるのです。

じゃ補助輪は付けたままでいいんだ!と考えてしまいますが、補助輪は取っておかないとなかなか上達しないという意見もあります。練習方法も考え方も人それぞれなんですよね。子供の性格にもよります。自転車屋さんに行けば、補助輪があっても練習になるように高さを調節してくれるので、バランスが取れるようになるまで補助輪を付けて練習するのも一つの方法です。

補助輪を付けて練習するのがいいのか、初めから付けないで練習する方が上達するのか、正解はありません。子供の様子を見ながら、その時々で決める方がいいでしょう。

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ