日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

アメリカに移住した日本人はこんな問題と闘っています!

      2017/03/01

アメリカに移住した日本人はこんな問題と闘っています!

海外に移住したいと考える人が一番に候補に挙がるのは【アメリカ】だと言われいています。

とは言え、アメリカは大きな国。日本人が多く住んでいるのはどの都市なのでしょうか?アメリカ移住で起こる問題で多いことって何?

日本人がアメリカに移住した時にぶつかってしまう問題点について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

アメリカに移住した日本人が多く住んでいる都市はどこ?

アメリカ移住について
移住しやすい国と言えば、どこだと思われますか。これは、一番にアメリカが考えられます。アメリカといっても幅広いですが、中でもハワイやロサンゼルスは日本食材も手に入りやすいため、初めて海外へ移住するという人でも住みやすい場所と言えるでしょう。
言葉の面も重要ですが、何より食事の面で困らないという事も海外へ移住する際にポイントとなります。

日本人が世界一住む街「ロサンゼルス」
ロサンゼルスは日本以外で世界のどの街のよりも日本人が多く住む街と言われています。少し割高になりますが、日系スーパーなどで簡単に日本の食べ物が手に入ります。それだけではなく、日用品、化粧品なども購入可能です。日本人に馴染みのある物が買えるという大きな点で、日本人にとって住みやすいと言えるでしょう。

日本人に人気の「ハワイ」
ハワイも日本から移住した人がとても多くいます。旅行で来る日本人もとても多いので、日本語が通じるお店も沢山ありますし、住みやすい街として知られています。

日本人がアメリカに移住した時にぶつかる問題とは?

海外へ移住して困るのは、やはり言葉の壁が大きいことでしょう。アメリカ留学経験がある人も、最初は同じ学校に通う学生が何を話しているかも全く分からなかったと言います。日本では学校の英語の授業で優秀な成績だった人でも、挨拶や簡単な単語が聞き取れるぐらいのようです。机に向かって英語の勉強をしていても、あまり英語で生きた会話をする経験のない日本人にとって、ネイティヴの英語の中で生活するのは、とても大変なことですね。

ネイティヴの英語に囲まれて生活していると、早い人で半年から1年程で何を言っているか分かるようになってくるようです。そして、2~3年程でもう困らない程度には話せるようになるようです。
しかし、英語の勉強をしている人はこのような短期間で話せるようになりますが、そうでない人は上達しません。英語に囲まれて生活することで、聴く力はもちろん向上していきますが、自分の言いたい事を返すことができなかったり、英語で会話を広げることができません。英語の上達には、勉強をして語彙力を高めることも重要です。

アメリカに移住した日本人は文化のギャップに驚愕!

アメリカで生活をするということ
アメリカへ旅行をしたことがある人でも、いざ生活するとなると全く異なります。日本では当たり前の事がひっくり返るような出来事が日常茶飯事です。

アメリカに移住するとなると、自由で楽しく、かっこいいイメージで想像も広がりますね。海外ドラマを見て憧れを持って移住する人もいるでしょう。しかし、理想的な生活ができるとは限りません。

日本とアメリカの文化のギャップ
食事は和食のようなあっさりだしの効いた料理が好きな日本人にとって、ピザやハンバーガーばかりの食事も毎日続くとどうでしょうか。アメリカでは普通のことも、日本人にとっては生活に困ることも沢山あります。
ウォシュレットに慣れている人はしないと落ち着かないという人もいますが、日本の高機能なトイレはアメリカにはありません。

アメリカで気をつけること
日本は安全面でトップレベルです。深夜女性が一人で歩いている光景も見かけますが、銃社会のアメリカでするのは大変危険です。
また、日本人は曖昧な表現をよくしますが、アメリカでははっきりと意見やNOを言わないと通じません。日本で生活する感覚でいてはいけません。
日本人が慣れないというチップですが、これは渡さないと非常識だと思われてしまいます。アメリカでチップは常識です。

アメリカに移住してビックリ!日本と違って医療費が高い!

アメリカは医療費が高いことでも知られています。例えば、妊娠していざ出産となったとき、出産にかかるお金をまかなえる保険に入っていなかった場合、自己負担が基本になります。その額も病院によって異なりますが、日本円で100万円程かかると言われます。それも通常分娩の場合です。帝王切開になった場合は1.5倍~2倍程のお金がかかります。入院日数が伸びた場合は、さらに1日約1,000~3,000ドルの入院費がかかります。それだけではなく、赤ちゃんの入院費用、医師費用がかかります。

出産に多額の費用がかかることから、近年では妊娠から出産、入院までの費用負担を30%~50%程度減らすことができる保険も登場しています。出産前、退院する前に全額現金払いまたは病院によって分割払いで支払いをすると、割引されます。病院ごとに支払い方法は異なりますので、詳細は直接問い合わせてみてください。

日本では健康保険に加入している場合、出産一時金として42万円を受け取ることができますね。

アメリカに移住するなら、銀行の手続きをお忘れなく!

日本国内で引越しをしたとき、持っている銀行口座すべて住所変更の届出を出していますか?
銀行の決まりで住所変更の届出は義務ですが、実際には住所変更のことを忘れていたり、届出をしていないという人がいるということも事実です。

住所変更をしていなかった人が銀行口座を停止されたという話もあります。銀行は、郵送物が返送されて住所が変わっているという事が分かっても、次の住所を調べて送るということをしていないのが実態です。国内に住んでいるのか、海外移住したのかも特定することはないと思われます。

郵送物を転送している場合は、住所変更があったという事すら銀行が把握していない事もあります。その場合、銀行口座もそのまま使うことができ、住所変更がされないまま口座が維持されているという事もあります。

ただし、銀行から公的証明を求められる手続きをするときに、銀行に登録している住所と公的証明の住所が同じであるか確認されます。住所に変更があったときは、国内・海外問わず注意しましょう。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ