日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

知って得!au光の料金確認はインターネットで簡単にできます!

      2017/03/08

知って得!au光の料金確認はインターネットで簡単にできます!

au光を契約したものの、料金の確認方法がわからない・・・そんなこと、ありませんか?

毎月請求書が送られてくるけど、その前に料金を確認する方法はないの?

今はインターネットの時代!au光の料金を簡単に確認できる方法について説明します!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

au光の料金の確認はインターネットでもできます!

最近では、どこの携帯会社からも毎月の請求書や明細書が郵送で送られてくることがなくなってきています。

今回は、auの携帯電話の明細書やauひかりの明細書について触れてみたいとおもいます。今までは、携帯電話の利用料金を知るためには毎月郵送で送られてきた明細書をみて知ることができましたが、ここ最近ではインターネットから見ることができるようになり便利になってきました。同様にauひかりも紙による請求書や明細書も郵送で送られてこなくなってきましたが、もしどうしても紙で欲しい人は、別途に申し込みをしなければなりません。

別途で申し込みをした人には、郵送で送ってくれますがその際毎月200円がかかってしまいその上いらない部分はゴミとなったり、郵送で来るため個人情報も流れてしまう恐れもあります。毎月200円もかけて個人情報が流れてしまう恐れを避けるには、auのサイトにアクセスをして、料金を確認をする方が良いと思います。使用料金を毎月用紙で残したいのであれば、ホームページにアクセスをすれば請求書を印刷して残すことができます。自分が見たい月も直ぐに確認をすることもでき、自分で印刷をするので無料で紙で残すこともできとても便利です。

au光の料金内容の確認をしていますか?

auの光回線料金内容をよくわかっていずインターネット料金をカード払いや口座引き落としをしている人が多いと思います。

この支払い方は便利ですが、細かい内容を把握していない状態で契約をしてしまっていることで問題も起きやすくなっている事を知っているでしょうか?初めて契約するときには細かく説明を聞いて把握して大丈夫と自分の中では思っていても、いざ回線が開通したときあれ?と思ってしまう事があります。

フレッツ光を安くしたり契約内容を確認をする場合は、電話でも聞くことができますが、インターネットからでも確認をする事ができます。インターネットから確認する場合は、メンバーズクラブにログインをする必要がありそのためにはIDやPASSが分かっていないとログインができないのでどちらも分かっている方はインターネットから確認をすることをお勧めします。

また、なにもわからない状態の時は毎月送られてくる支払明細書に記載されていますのでもし明細書が残っていればその用紙で加入プランが確認ができそのほうがいち早くわかります。

au光の料金のしくみをわかっていれば、確認も簡単!

au光の料金はとても分かりやすい仕組みで携帯電話の料金と込みで請求されるので便利です。

仕組みとしては、基本料金にプラスしそこにプロバイダの料金が加算され無線Lanを除くレンタルしている機械の料金となっています。ホームの月額利用料金として、ずっとギガ得プランを3年毎の利用継続を契約という条件付きでau ひかりのインターネットを利用が出来る料金プランがあります。これは、加入月から3年ごとに自動的に更新されますが、更新月以外の時に解約やプランを変更すると契約の解除となり15000円がかかってしまうのです。

ギガ得をau ひかりのインターネットを2年契約の場合は、解除金が9500円かかりこちらも契約月以外に解約やプラン変更をした場合に請求されますので、解除をしたりプランを変更をする時は一度問い合わせをしてみると良いです。この他には標準プランというのがあり、こちらは契約の条件がなく月額でプロバイダ料を込みで6300円で回線が使え機器のレンタル料も混みですが、無線Lanの月額レンタル料は別となります。

au光の利用料金や明細を確認するには?

毎月の利用料金や明細を確認する方法として、auお客様サポートのアイコンを選んでご利用料金というボタンをクリックします。

詳細メニューが開き利用料金の画面に移動しその後昨日までの料金の確認や今月の請求金額の確認、通話明細、未払金がある場合は未払い料金の確認と利用料金に関する詳細メニューが出てきます。自分が見たいメニューをクリックすると、ログインをしていない場合はログインをするための画面がでてきてauIDとパスワードを求められますのでそれぞれを入力しますが暗証番号も入力することがあるので暗証番号も入れます。

万が一auIDがない場合は、新規で登録をするようになり今後いろんな場面で必要となるので新規登録をすることをお勧めします。新規登録をするときのauIDは、自分の携帯電話の番号となっていますがその後変更をしたい場合は、登録が終わった後するとよいです。

お客様サポートは、いつでも見ることができまた、本体を分割で購入した場合に限り本体の残高や何回支払ったかがわかり便利ですし、今までの利用料金も比べることもできます。

au光のセット割の内容とは?

auのお店に行くと良くセットだと割安になりますよと言われますが、セット割とはなんだろう~って思いますよね。

セット割を説明する前に複雑になっていSo‐net光が2種類もあることが原因で複雑化になってしまっているのをご存知でしょうか。このSo-net と言うのは、独自でインターネットを提供することが出来ずどこかしらの回線を経由をしないと使えないためその経由がauひかりかフレッツ光となるのです。

auひかりの回線を使ったのがSo-net光だったりフレッツ光の回線を経由したのがSO-netひかり(これがauひかり)の2種類となります。フレッツ光に関しては、So-net光は(光コラボレーションまたは、光コラボ)と紛らわしいので注意が必要となります。簡単に分けると、So-net光(auひかり)とSo-net光(光コラボ)と分けることができSo-net光(フレッツ光)を利用ができこの時にキャンペーンとして受けることが出来るのがauセット割で、auスマートバリューの割引を受けることが出来るのが、auひかりです。

どちらのサービスを受けるのかは、加入するときに店員さんに尋ねてみるのが一番わかりやすくサービスの提供時期も教えてくれます。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ