日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

カエル飼育で気になる冬眠問題!冬眠させる、させないための方法

      2017/03/08

カエル飼育で気になる冬眠問題!冬眠させる、させないための方法

カエルを飼育するうえで悩むのが冬眠ですよね。冬を越す際、冬眠をさせるかさせないかによって、飼育環境を変える必要があります。

カエルの飼育で冬眠させないためには?カエルの飼育で冬眠させるには?冬眠させるタイミングは?

カエルの飼育で気になる冬眠問題について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

カエルの飼育で冬眠させないためには?

カエルが冬を超えるのを成功させるためには、冬眠しないように夏と同じくらいの温度にしておくことです。

パネル状の暖房を入れ物の底(外)に敷いたりサイド(外)に付けます。そして1番高い温度と低い温度を数値で見て最適な温度の範囲内であるか確かめましょう。人は体の中で熱を作っていますから少しくらい周りの温度が低くなっても寒く思いませんが、カエルの体の温度は外の温度と同じです。なので人が寒くなくても変えるには寒すぎる温度の時もあります。毎年「カエルの体調がよくない」と尋ねる人が多くいますが、飼っている容器の中の温度を聞くと「測定したことがない」と言うので「温度が低すぎるのでは」というと「室内は寒くない」と答えるのです。

上記の通り、人はニットを着て暖かい食事をしているので寒くありませんよね。

まずは再肯定温度計を使い1番低い温度をチェックしましょう。最適な温度は20℃~27℃の間です。20℃を下回ると起きていても内臓の動きがだんだん弱くなります。パネル状の暖房は様々な大きさがあります。飼っている容器に合わせて大きさを決めましょう。皆容器の置くところはいろいろで、容器にあった大きさの暖房1枚では足りず最適な温度まで上がらなかったり、暖かいところに容器が置いてあればもっと小さい暖房で間に合うこともあります。足りない場合は熱が出てしまう蓋の隙間を塞ぐなどしますが、それでもダメならさらに増やします。

また温まりすぎるときは容器の半分だけ暖房を載せるなどしましょう。

カエルの飼育で冬眠させるには?

カエルは外の温度が10度よりも下になると、冬眠をします。

冬眠をさせるのでしたら、容器の中に落ち葉や土や苔などをたくさん入れてあげましょう。ですが、一般的に人が飼っているカエルは、うまく冬眠させることがとても困難です。カエルは自然の中では土の温度が6度以上になると、春が来たと思って起きて活動し始めると言われています。飼っている容器の中での土の温度や水気の管理はとても困難で、温度を下げることができないままカエルが半分覚醒した状態でおなかがすいたまま死亡してしまったり、水気が足りなければ脱水症状を起こしてしまい、逆にありすぎれば凍ったりして死亡してしまうのです。冬眠をさせずに起きた状態のまま春を迎えてもカエルは問題ありません。

ですが、その時は部屋の温度の調節に気にかけましょう。人とは異なり変温動物なので、部屋の中で飼育しても、冬の朝の冷え込みで体調不良を起こし死亡してしまうことがあります。出来るだけ専用の暖房などを使用し、カエルに最適な20度~27度の温度を保ちましょう。きちんと買うことができればカエルは10年くらいは生きることが可能です。

カエルの飼育で冬眠させるタミングは?

私は「ご飯の無くなったタイミングで冬眠する」という、自然の流れに沿って冬眠させるようにすることをおすすめします。

冬眠させるのに大切になってくるのが、冬眠させるところです。冬眠をさせるときは必ず部屋の外というのがいいでしょう。ですが、直接日が当たるところは避けて常に日陰になっているところでなければなりません。きちんと気配りをして、部屋の中や玄関など家の中、ベランダなど直接日の当たるところは、中途半端に温度が高くなってしまいます。そうするとカエルの代謝がよくなって、使わなくてもいい体力を使ってしまうのです。それが冬眠の間におなかがすいて死亡してしまうというアクシデントに、つながることになるかもしれないのです。

気温が0℃以下の状態になっても、カエルは凍ってしまうことはありません。特別厳しい冬でも乗り越えられるように、カエルの体は凍ってしまわないようなつくりになっているのです。ですから不安に思う必要もありません。遠慮なく寒いところにおいてもいいのです。

カエルを飼育するポイントは?

カエルは冬眠するの?暖かさの管理はどうしたらいい?

カエルは自然では冬眠をしますが、人が飼っているカエルは一般的には冬眠しません。特に熱帯の地域で生まれたカエルは冬眠させようとすると死亡してしまうこともあります。冬でも20度から25度くらいに水の温度を保ち、栄養分をきちんとあげて冬眠しないようにしましょう。カエルを飼うポイントは暖かさを管理することです。カエルはしけったところで生きているので湿度の管理が重要です。長い間湿度の少ないところにいると、皮膚s.から酸素を得ることができなくなります。水場は常にカエルが体全部入れるくらいのお水を入れて置くことと、毎日頻繁に霧吹きで湿度調節をしましょう。

カエルの飼育の仕方

カエルは底深い水槽にフタをして飼育するといいでしょう。
飛び跳ねますし、アマガエルだと吸盤で壁を上ってきてしまいます。
大きな水槽を準備してそこには土を敷きます。
土は湿らせましょう。
カエルは穴に身をひそめることもあるので植木用の鉢などを入れ、隠れ家を作り、草も植えましょう。
フタは通気性のいいアミなどを使用します。
アマガエルなど陸の上に多くいるカエルは、水槽に水を張らなくてもいいです。
浅い入れ物に入れた水を水槽の中に置く躯体で大丈夫です。
このほうが水を変えるのも簡単です。
トノサマガエルのように水中でたくさん過ごすカエルは、土で斜面を作って、池と陸を作ります。
カエルは大小混ぜると、カエルがカエルを食べてしまいます。
それを防ぐために同じくらいの大きさのカエルで、できるだけ同種類のものを入れるといいでしょう。
カエルは水を飲まないですが、皮膚が湿っていなければなりません。
たまに霧吹きで湿らせてあげましょう。

カエルの冬眠中に気を付けることは?

前の年の秋からきちんと策を練り冬眠へ誘導し、彼らに会えない辛い冬を越えて、やっと会うことができる、そんな待ちに待った時ですが、それは「冬眠を失敗した」という恐怖を見るときでもあるのです。

暖かくなり冬眠している容器を見たらミイラになっていた、水を入れる容器の中でおぼれ死んでいたなど、冬眠している間になくなってしまった話は毎年たくさんあるのです。または目を覚ましたのはいいですが、ご飯を食べれず骨と皮になって死んでしまった、外に出していたら夜の間に凍って死んでいたなど、頑張ってきたのに残念な結果になってしまったということをよく耳にします。

冬眠を開けたら彼らに任せましょう
初めに気を付けることは、冬眠から起こすことはせず、起きるのを待って見守るのだと考えましょう。自分の都合で「そろそろ起こすか」と寝ているのに無理に起こして、突然夏と似たような環境においてはいけません。そんな風にして「ご飯を食べない、どうすればいいか?」と言っても当たり前です。今まで快適に寝ていたのに起こされて「さ、働け、ご飯食べろ」と言われても人だって無理ですよね?

 - 動物・ペット

ページ
上部へ