日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

アレルギーによる湿疹はいつ消えるの?湿疹が出た場合の対策!

      2017/03/08

アレルギーによる湿疹はいつ消えるの?湿疹が出た場合の対策!

アレルギー症状の一つに湿疹があります。かゆみも伴いますし本当に辛いですよね。

アレルギーによる湿疹はいつ消えるものなの?湿疹が出た場合の対策は?アレルギーではなく乳児湿疹の場合は?

湿疹が出た場合の対策を考えてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

アレルギーによる湿疹はいつ消えるの?

赤ちゃんを育てていくうえで気になることの1つが食物アレルギーですね。

離乳食を始めるとどんな食材でアレルギー反応が出るのか心配になってしまいます。赤ちゃんが食物アレルギーを持っていた場合、アレルギーの症状である湿疹はいつ消えるものなのでしょうか?

まずアレルギーの症状ですが、食物が触れた口の周りなどが赤くなる程度の軽いものから、湿疹だけでなく嘔吐、下痢、呼吸困難が起こる重度のものまで様々です。ですので、湿疹が消えるまでの時間は人それぞれになってしまい一概には言えないのが現実です。軽いものだと30分ほどで赤みがおさまる場合もありますし、中には翌日に湿疹が出るなんてこともあるようです。

赤ちゃんに初めての物を食べさせたときは、赤ちゃんの機嫌や様子に変わりはないか、湿疹などが出ていないかを注意深く見る必要がありますし、次の日も少し様子を見ておくとよいですね。アレルギーが出た場合は、軽いものであれば何度か経験を増やす中で、どの程度で湿疹がおさまるのか予測することもできるでしょう。

アレルギー湿疹と似ている乳児湿疹はどのくらいで消えるの?

アレルギーの湿疹と似たものに乳児湿疹があります。
生後2週間くらいから赤ちゃんの顔や体に出る湿疹を総称して乳児湿疹と言い、赤いぽつぽつしたものだけでなく、かさかさしたものやジュクジュクした状態になるものもあります。この乳児湿疹はほとんどの赤ちゃんが経験するもので、数か月たてば自然に治るものなので心配はいりません。

一方で食物アレルギーは、特定の食品を食べることで起こる症状です。
通常私たちの体には、異物が体内に入った場合に除去しようとする免疫という機能が備わっています。予防接種ではごく弱い菌やウイルスを体内に入れることで、その菌やウイルスと対抗する物質を作るという免疫の働きを使っています。食物アレルギーの場合、特定の食品を異物と判断してしまい、免疫が働いて攻撃してしまうために起きてしまうのです。免疫自体は私たちにとって大切な働きなのですが、普段口にする食品を異物と判断してしまうとやっかいな食物アレルギーとなってしまうのですね。

食物アレルギーと湿疹との違いは?症状が消えるパターンはあるの?

食物アレルギーと湿疹とは何が違うのでしょうか。
それは食物アレルギーの症状が湿疹だけではないという点が大きな違いで、とても多くの症状があるのが食物アレルギーです。症状の出方は子どもによって大きく異なり、1つだけしか症状が出ない子もいれば、いくつかの症状が同時に出る子もいますし、重症度も異なります。

食物アレルギーと聞くと、アレルギーの原因となる食品を食べた直後にじんましんが出たり、アナフィラキシーショックの状態になるものを思い浮かべるかもしれません。そうした場合、食物アレルギーがあると断定できます。しかし、実はなかなか分かりにくい症状もたくさんあるのです。

例えば、口の周りが赤くなって食物アレルギーのように見えても、塩気の強いものなど食物自体の刺激で赤くなることもあります。咳や嘔吐、下痢といった症状も食物アレルギーの症状としてありますが、風邪なのか、食べ過ぎなのかわかりにくいことがあります。また、アレルギーのある食物を口に入れると吐き出してしまう子どもがいます。これはアレルギー症状によって口の中が痒くなったりイガイガしてしまうからで、親が見過ごしてしまうことが多いパターンと言えます。

アレルギーによる湿疹にはどんな薬が効くの?注意点は?

アレルギー症状が出て、痒がっていたら何とかしてあげたいですね。

皮膚に炎症が起きた場合はどんな薬を使ってあげればよいのでしょうか。アレルギーが原因の場合はステロイド薬を使うのがおすすめです。ステロイドによって過剰な免疫反応を抑えることができます。痛みや炎症などを引き起こすアラキドン酸という物質の働きを抑えてくれるのです。反対にアレルギーによる湿疹ではなく細菌感染の時は抗生物質を使って最近を抑えるのがよいでしょう。また、炎症はひどくないが痒みだけあるという時は、抗ヒスタミン薬やクロタミトンなどの鎮痒成分が配合された薬がおすすめです。

先ほどアレルギーが原因の場合ステロイドがおすすめと言いましたが、ステロイドには使い方に注意が必要になるので上手に使う必要があります。まず、長期使用によって皮膚が委縮し固くなるなどの副作用があると言われています。効果がある反面副作用もある薬ですので、医師や薬剤師に相談をして上手に使うとよいですね。

アレルギーになってしまったらもう治ることはないの?

あなたは「一度アレルギーになってしまったらアウト」ということを聞いたことがありますか?花粉症になってしまったら一生付き合っていかないといけない、なんて聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし、これは発症したアレルギーの種類によって大きく異なるんです。大人になってから発症したものほど治りにくい傾向があるようで、乳幼児に発症することが多い食物アレルギーは、その9割が小学校入学までに治ると言われています。これに対してぜんそくは5割しか治らないと言われていますし、大人になってから発症した花粉症が治るのは稀なケースだと言われます。

なぜ子どものうちに発症した食物アレルギーは比較的治るのでしょうか?
それは免疫が未熟な子どものうちだからアレルギー反応がでやすいのであって、成長するにつれて免疫機能が発達すればアレルギー反応が起こりにくくなるからだと言われています。アトピー性皮膚炎も成長して皮膚に厚みが出てくることで改善がみられるとも言われます。赤ちゃんから幼児期にかけては心配な食物アレルギーですが、多くが治るものなので大変ですが付き合っていく必要がありますね。

 - 病気・薬

ページ
上部へ