日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

朝の下痢が毎日続くのはどうして?原因と対処法!

      2017/02/28

朝の下痢が毎日続くのはどうして?原因と対処法!

朝の下痢がここ最近毎日続く・・・そんな症状に悩んでいませんか?

朝に下痢が起こるのが慢性的に続くのは何か病気なの?毎日朝から下痢が起こるのはストレスが原因?改善するには?

症状を気にすることで逆にストレスを感じて悪化する場合もあるようです。まずは生活習慣を見直しましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

毎日、朝になると下痢が起こる 慢性的に続くのは何か病気なの?

外出前の朝方に下腹部が痛くなり下痢が起こる、朝食後にお腹が痛くなり下痢が起こるといった症状が慢性的に続いているときは過敏性腸症候群を疑います。

心身の緊張感を感じる平日の朝に下痢が起こりますが、学校や会社の休日にはそれほど症状があらわれることはありません。
過敏性腸症候群は、食べ物や飲み物による下痢とは関係なく精神的ストレス、肉体的ストレスにより起こります。

そのため大事な試験の日の朝にお腹が痛くなり下痢になる(緊張による下痢)、電車に乗ってすぐにお腹が痛くなり便意を催す(不安からくる下痢)などがあります。
症状は下痢だけでなく、過敏性腸症候群は便秘型、交替型があります。

下痢型では下痢状のやわらかい便が1日に2〜3回以上ある、便秘型では便意を催すがトイレに行っても出ない、また便が少ししかでなくてスッキリ出来ない、交替型では下痢が数日間続いた後、便秘が数日間続くを繰り返すなどといった症状です。
このような症状を気にすることで不安やストレスがさらに強くなり症状を悪化させることもあります。

毎日朝から下痢が起こるのはストレスによるもの?

よりによって朝から下痢なんて憂うつだと思われるかもしれませんが、朝から必ず起こる下痢や便秘、腹痛といった症状が過敏性腸症候群の特徴ともいえます。

過敏性腸症候群はストレスによって起こります。
過敏性腸症候群は対人関係に緊張か強くなる思春期、青年期に多い病気だといわれます。
神経質で緊張しやすい人が多く、がまん強くまじめであるため心の中の不安や悩みを言葉に出して表現することができません。

こうした状態が朝から不安や緊張状態におかれると、ストレスの負荷がかかり自律神経はバランスをくずします。
交感神経と副交感神経の働きに異常が起こり消化管活動が促進され、何度もトイレに行くといった状態になります。
下痢に伴い腹痛を起こすのは、消化管の運動機能異常と腸の拡張刺激に対して痛みを感じやすくなるためです。

自律神経系のバランスの崩れによる腸の消化管運動がうまく動いてくれないために起こっていることですから、検査をしても器質的病変のないことがほとんどです。

朝毎日下痢になるのを改善するには?

日常生活で気をつけることは、まず規則正しく食事を摂ることです。

食べたり食べなかったり、または好きなものばかり食べていたり、脂っこいものを好んで食べることをやめましょう。
暴飲暴食するのは避け、腹八分目といった適度な量を摂取するようにします。
またゆっくりよくかんで食べることで胃腸への負担を減らします。
野菜や肉類、魚、果物などバランスよく食べ消化の良い高タンパク質の食事を摂り、刺激物は避けましょう。
料理の温度は熱すぎず、冷たすぎないように注意します。

そして十分な休養と睡眠をとり、早寝早起きを心がけます。
ダラダラといつまでも寝すぎるのはからだによくありません。
適度に運動することも腸の働きをよくしますが過度の疲労は避けましょう。

過敏性腸症候群はよくある症状で多くの方が経験されています。
「自分だけがこんな症状でつらい」などとは思わないこと、気にしないことも大切です。
腸内環境を整えるため乳酸菌製剤の整腸剤を服用するのもいいかもしれません。

過敏性腸症候群で朝から下痢の時に水を飲むなら?

過敏性腸症候群の際は、朝から冷たい水をがぶがぶ飲むと腸が動いてさらに腹痛や下痢をひどいものにしてしまいます。

さらにトイレに行く回数も増えてしまうので逆効果です。
朝から水分を補給したいときは、白湯(さゆ)または温かいお茶を飲みましょう。
白湯(さゆ)とはぬるめのお湯のことです。
温かいお茶をゆっくり飲むのも気分が落ち着いてストレス解消になります。
白湯やお茶もがぶがぶ飲まず、少しずつ摂取するとお腹に悪影響を与えることなく水分を補給できます。

下痢で脱水が気になるという方も一気にがぶがぶ飲まず水分をこまめに補給しましょう。
水分摂取は便秘型の人にも効果的です。
腸の働きをよくしてくれるので白湯やぬるめの麦茶がおすすめです。
からだが冷えると抵抗力も弱まります。
体温をあげて免疫力を上げるためにも冷たい水のがぶ飲みでからだを冷やさないように心がけましょう。

過敏性腸症候群で症状が強いときは1〜2食絶食してもしっかり水分補給します。
症状が軽快したら徐々に三分粥、五分粥、全粥へと進めていきます。
温かいとはいえ、カフェイン飲料は控えたほうが良いでしょう。

急性の下痢症は過敏性腸症候群ではない!?対策は?

過敏性腸症候群はストレスが大きな原因といわれていますが、急性の下痢症は細菌やウイルスの感染、食中毒、食品アレルギーといったものが原因になっていることが多いです。

多くは安静にして食事に気をつけ、対症療法をとれば数日で体調は戻ります。
しかし慢性になってしまっている下痢は腸の病気、または他臓器の病気が原因になっていることも考える必要があるかもしれません。

小腸炎や右側大腸炎では大量の水様下痢がみられ、左側大腸炎では下腹部の痛みが強く出ます。
潰瘍性大腸炎、クローン病などは炎症性の腸疾患で下痢、発熱、貧血といった症状が続きます。
潰瘍性大腸炎、クローン病などの慢性非感染性腸炎は特別な治療が必要となります。

血便や体重減少などの症状がある慢性の下痢の場合は消化器内科を受診し検査を受けましょう。
過敏性腸症候群は腹痛や便通異常を起こす他、食欲不振、吐き気、嘔吐、胸やけ、頭痛、めまい、不眠、疲労感といった症状を訴える場合もあります。
大腸がん、クローン病、潰瘍性大腸炎などの疾患がないことを確認したうえで、下痢、便秘、腹痛やその他の症状が3ヶ月間繰り返されると過敏性腸症候群と診断されます。

 - 病気・薬

ページ
上部へ