日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

美容院のヘアカラーで頭皮に痛みを感じる原因と対策について

      2017/03/08

美容院のヘアカラーで頭皮に痛みを感じる原因と対策について

美容院でヘアカラーをしてもらった時、頭皮に痛みを感じたり髪がパサついてしまったりする場合ありますよね。

美容院のヘアカラーで頭皮に痛みを感じるのはどうして?対策は?ヘアカラーで髪も痛みやすくなる?

またヘアカラーとヘアマニキュアの違いについても解説します!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

美容院のヘアカラーで頭皮に痛みを感じる理由は?

〇ブリーチ剤
ブリーチ剤は4、過酸化水素水とアンモニアで髪の毛の中にあるメラニンという色素を壊して、髪の毛のカラーを薄くするカラー剤で、とても刺激的なにおいがあります。
半永久繊毛税は、染料を髪の毛の表面に覆って、いったん髪の毛をカラーするという染毛剤で二週間から三週間でだんだんその効き目が弱くなってしまいます。お店で売られているカラー剤にはこのようなものがたくさんありますが、肌についてしまうとカラーが取れにくいのです、家で使う時は気を付けなければなりません。

〇どうして髪の毛を染めると皮膚が傷つくのか
先ほど分けた染毛剤のうち、参加染毛剤を使ったときに、皮膚が痛く感じる人はたくさんいます。その訳いはいろいろなものがありますが、もともと肌が弱い人、アレルギーが起こりやすい体質の人には、参加染毛剤による刺激は負担がありすぎるので、痛くなってしまいます。その時の体調にもよるかもしれません。また、特に敏感な肌でもないのにいたいと思ったときは、体調不良や頭皮の状態が関係します。生理の前後や、風邪っぽい時など体調不良の時は、いつもはしみないのに痛い時があります。

美容院のヘアカラーで頭皮に痛みを感じる場合の対策は?

頭皮が敏感な人は髪を染める前の日は洗髪しないようにしてもらっています。

美容室でも洗髪せずにそのままカラーをしていきます。そのようにすると自分自身の皮脂がちょうどよく頭皮の守ってくれますので、痛さを柔らけてくれます。頭皮の敏感な人はこの方法を試してもらえばわかるでしょう。「染める前に洗髪せずにきちんと染まるのでしょうか?」と心配に感じる人もいますよね。よほど皮脂でべとべとになっていたり、ワックスがしっかりついているなどしない限りは、一般的にはきちんと染まります。

さすがにワックスなどセット剤がついているときは、少し髪の毛についたワックスをシャンプーをなじませて落とすこともあります。美容師さん同士で営業が終わった後に染めるときなどは、ワックスがついていたとしてもそのまま染めてしまうこともあります。お客様の時はワックスがついているのに染めるのは印象がよくないですし、がしがしワックスのついた髪の毛をほぐしながらカラー剤を塗ったら傷んでしまいますしね。
なので洗髪しますが…

ですから僕の美容院ではほとんどの場合染める前には洗髪しません。そのまま塗るか流すだけするくらいです。

美容院のヘアカラーで髪も痛みやすくなる?

〇髪の毛の傷み
ブリーチをするととても髪の毛が傷んでしまいます。特に、二回三回とブリーチを続けてしまうと、髪の毛の栄養素がほとんどなくなってしまいます。ぱっさぱさの乾燥した髪の毛になってしまうのです。だからと言って、一般のヘアカラーも何度もしていれば髪の毛は傷んでしまいます。中には色の抜けてしまう成分が入っているカラー剤もありますので気を付けましょう。髪の毛の質にもよるのですが何度も髪を染めるよりも、ブリーチを一回するだけにしたほうが傷みを最小限にとどめられるということもあります。

何度も髪を染めるか、一回のブリーチで一気にトーンを上げるのか、実際は髪の毛にはどちらがいいんでしょうか?どのような色合いになりたいかをきちんと考えましょう。美容室(ヘアサロン)の美容師さんに染めてもらうのでしたら、写真などを用意して持っていき相談すると、どのようにしたらいいかという答えが見つかるでしょう。自分のなりたい髪色によって髪の毛の傷みができるだけ少なくていいような方法を選択しましょう。

痛みが少ないカラー剤はあるの?

〇傷まないカラー剤はあるの?
カラー剤についてお客さんからもらう疑問にこれから返答していきます。ある美容師さんは以前このように言っていた、他の美容師さんは異なることを言っていたなどあるでしょう。自分もカラーの講師をしたりしていますが講習中、改めて知ることがあったりもします。情報社会の今、あくまでも参考程度に思っていただけるといいと思います。

始めの題材ですが、タイトル通り「傷まないカラー剤はあるのか?」ということですが…
結果から述べますと、髪の毛を明るくするカラー剤には「傷まない」物はありません。カラー剤には様々な種類があります。カラーの種類は、・ヘアカラー(おしゃれ染め)・ヘアカラー(白髪染め)・ブリーチ・マニキュア・ヘナ でしょうか。今回紹介するのは最初の二つのヘアカラー(おしゃれ染めと白髪染め)です。マニキュアやヘナは細かく言うとカラー剤ではなく、違うものと考えてください。髪の毛が染まる=ヘアカラーではないんです。これを言い出すと、油性のペンキは髪の毛に色が付くのでカラー剤となってしまいます。

美容院のヘアカラー、ヘアマニキュアの違いとは?

〇ヘアカラー(ヘアダイ)
髪の毛のメラニンを分解して、その上にカラーを入れるので、ブリーチにカラーをプラスするといったイメージです。色素を抜いたところにカラーをするので、カラー持ちはいいのがポイントですが、ブリーチと同じように髪の毛のぱさつきや傷みが出てしまいます。ヘアカラーの種類にもよりますが、パラフェニレンジアミンという成分が入っているものには特に気を付けなければいけません。急性ショック症状がおこることがあり、呼吸が苦しくなる、喉が痛くなる、咳が出るなどという症状が出たという人たちがいます。

・起こるかもしれない症状
髪の毛→毛が抜ける、ぱさぱさになる、凄く傷む
頭皮→ただれる、気管支炎、貧血、アレルギー症状

〇ヘアマニキュア
ブリーチやカラー剤とは異なり、メラニンを分解しないで、髪の毛の表面にカラーを覆うことで色を付けます。
髪の毛を包み込んでくれるので、紫外線のダメージを防いでくれるところや、髪の毛や頭皮へのダメージが少ないというメリットがあります。
デメリットとしては、色見がなかなか出にくいところです。
もしも元がブラックだとしたら、少し色付いたくらいにしかならず、色もあまり長持ちせず、一カ月くらいでもとの色になってしまいます。

・起こるかもしれない症状
髪の毛→酸性ヘアマニキュアの場合、傷む、ぱさぱさスル
頭皮→かぶれる、痒くなる、湿疹

上記がヘアカラーとヘアマニキュアの特徴です。

 - 美容

ページ
上部へ