日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

赤ちゃん用の食器は専用の洗剤を使うべき?その理由を解説!

      2017/03/08

赤ちゃん用の食器は専用の洗剤を使うべき?その理由を解説!

赤ちゃんは大人と違ってデリケートですが、赤ちゃん用の食器を洗う時にはどんなところに注意が必要なのでしょうか?

普通の洗剤ではなく、赤ちゃん専用の洗剤で洗うべきなの?それともそこまで気にする必要はない?

赤ちゃん用の食器を洗う時の洗剤はどうするべきか・・・詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

赤ちゃんが使う食器にはどんな洗剤を使えばいいの?

赤ちゃんも5、6ヶ月になると離乳食がはじまります。

はじめての離乳食で、作り方もわからなかったりしますが、衛生面もどのように注意したらよいのか考えてしまいます。特に食器や調理器具の洗い方も気になるところです。基本的には、洗剤で洗っていれば問題ありません。初めは大人のものよりも、より丁寧に洗っていきますが、視聴するにつれて、大人と同じように扱うようにしましょう。スポンジも別にすることをありません。しかし、心配な人は、はじめのうちは、生のものがついていしまったスポンジで洗ってしまったということを防ぐために、別なものを用意すると安心なのではないでしょうか。

大事なのは、洗うことだけではありません。そのあと、水滴が残っていると雑菌が繁殖しやすくなります。洗ったままにするのではなく、布巾でふいてしまうことを習慣にすると良いです。また、離乳食ではおろし金を使うことがあります、おろし金は食材がつまりやすいものです。スポンジではなく、小さいたわしで細かく洗うようにしましょう。

赤ちゃんの食器や哺乳瓶を洗う時、普通の洗剤を使ってもいいの?

哺乳びんを洗う洗剤を、普通の食器用でよいのではないかと思う人も多いと思います。

哺乳びん用と普通の洗剤との違い何かというと、それは洗剤の成分です。哺乳びん用洗剤は、もし赤ちゃんの口に入っても、大丈夫なように優しい安心安全な成分でつくられています。ですので、赤ちゃん用の哺乳びん用は、野菜の洗浄もできるのです。野菜が洗浄できるというと、とても安全なのだと実感できます。哺乳びんは洗った後に消毒も必ず行います。ですので、必ずしも専用のものである必要はありません。ですが、赤ちゃんに安心という点では、哺乳びん用がおすすめです。

赤ちゃんの哺乳びん用洗剤は、いろいろなメーカーが出しています。メーカーによって中身の違いはありますが、どれも赤ちゃんに安心安全な成分でできています。形状もさまざまです。プッシュ式、ポンプ式、スプレー式とありますので、自分の使いやすいものを選んでみたり、口コミなどの評判を参考にして赤ちゃん用の哺乳びん洗剤を選ぶと良いでしょう。

赤ちゃんの食器は専用の洗剤を使って洗うべき?

哺乳びんを洗う洗剤は、専用のものでないとだめなのでしょうか。きれいになるという点では、大人用の普通の洗剤でも問題ないように思います。ですが、やはり哺乳びん専用のものをおすすめします。

大人用の普通の洗剤は、コマーシャルでやっているように、油汚れもあっというまに落ちてしまいます。つまり、それだけ強力な洗剤成分が入っているということです。もちろん哺乳びんには、そのような強力な洗浄成分はいりません。それよりも、赤ちゃんに優しく、ですが、きちんとちょうどよく汚れを落としてくれる専用のものをおすすめします。

ですが、だんだんと赤ちゃんも成長するにつれて、色々気にしていたママのほうも慣れてきます。赤ちゃんのほうも5.6か月ころになると、色々なもの口にするので常に清潔すな状態にいるのは不可能です。そういったことがあり、だいたい赤ちゃんが5.6か月のころになると、哺乳びん専用の洗剤を使用しなくなる人が多いようです。

「界面活性剤」が入っている洗剤は赤ちゃんにはNG?

大人用の洗剤では「界面活性剤」が入っているので、赤ちゃんにはよくないということを耳にします。では、「界面活性剤」とは、どのようなものでしょうか。

「界面活性剤」の働きのおかげで、汚れが落ちます。その「界面活性剤」はアレルギーの原因になるという噂もあります。ですが、実際にはその種類や働きなどを正しく知っている人はすくないです。「界面活性剤」とは「ものとものとの境目で働き、その性質を変化させる」成分です。わかりやすくいうと、油と水は混ざり合いません。ですが、界面活性剤をいれることによって、油と水との境目にはたらき、性質が変化することによって、混ざりあうのです。「界面活性剤」は洗剤のなかの一つの成分だと思っている方が多くいると思います。ですが、「界面活性剤」とは一つの物質をさしているのではありません。

このような、混ざり合うような働きをする作用の多くの種類の成分の総称なのです。洗剤は「界面活性剤」があることによって、油汚れを落としているのです。

赤ちゃんの洋服はいつから大人のものと一緒に洗える?

生まれたばかりの赤ちゃんはとてもデリケートで、洋服なども大人用のものとは別にして、さらには赤ちゃん用の洗剤を使ったりします。しかし、赤ちゃんが成長するにつれ、大人用と分けて洗うのも大変になり、できれば一緒に洗いたいと思うようになります。では、いつまで分けて洗うのがよいのでしょうか。

大人用と別に洗う時期の基準はありません。抵抗力がついてくる1歳までは別に洗う人が多くいます。第2子になるとだんだん大人も慎重にならなくなるので、生後1か月を過ぎると大人と一緒にしてしまうという方もいます。

大人と一緒に洗うのに気を付けたいことは、新品の洋服には、ホルムアルデヒドが付着している可能性があるからです。ホルムアルデヒドは肌の炎症や湿疹の原因になります。そして、ホルムアルデヒドは他の衣類からうつったりします。しかし、水には溶けやすいという性質があります。ですので、大人と洗うことでホルムアルデヒドの付着予防になるのです。

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ