日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

プロ野球選手のような体型になるために体重を増やす方法!

      2017/03/02

プロ野球選手のような体型になるために体重を増やす方法!

プロ野球選手を見ていて、同じような体型になりたいと思う野球少年も多いのではないでしょうか?

野球で体重を増やすためには、何が必要なの?どんなものを食べるようにすればいいの?

憧れのあの選手の体型に自分もなれる?野球で体重を増やす方法を教えます!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

野球少年必見!体重を増やすためにはこれを食べよう!

成長期の頃は消費されるエネルギーも多い上に運動量も多いものです。
それにも関わらず、普段の食べる量が少なければ体はなかなか大きくできません。まずはしっかりと食事の量を増やして筋肉をつけ、体重を増加させていくことが重要です。

体を大きくするために必要な成分は大きく2つあります。

まず、体を動かすためのエネルギー源となるものが「炭水化物」です。
これはご飯やパンをはじめ、パスタやラーメンなどの麺類やじゃがいも、さつまいもなどのいも類が該当します。これらの摂取が足りないと体のエネルギーが不足してしまいます。
エネルギーが不足してしまうと、体は必要なエネルギーを筋肉などから補って使ってしまうことになります。
これは運動しながら体を破壊させるようなものなので、エネルギー不足の状態では体を大きくしていくことは難しいということがわかります。

その他に必要な成分は「たんぱく質」です。筋肉をつくる主な栄養素はたんぱく質であるため、こちらも日常的な摂取が大事です。

野球で体重を増やすなら「たんぱく質」を摂取しよう!

体を大きくするために必要なポイントは以下の2点があります。
まずは、主食となる炭水化物の量を増やすこと。
これは毎食の取得となるお米や麺、パンといった炭水化物のボリュームを増やして、食事全体のエネルギーの量を増やすということです。

例えば、ご飯を食べる際のお茶碗のサイズを大きめのものにしたり、おかずの味付けをいつもよりも濃くしてご飯の進みが良くするように心がけることもできますし、ふりかけや納豆、梅干し、キムチなど、ご飯に合うもののバラエティーを増やすのも良いでしょう。また、外で食事へ行く際は天丼やかつ丼といった丼におそばやうどんなどの麺類をセットで頼むなどすればこれまでの食事よりも炭水化物の量を増やすことができます。

次のポイントはお肉やおさかな、大豆に卵といったたんぱく質のおかずを増やしていくことです。
体を大きくするということは筋肉の量を増加させ、よりパワーをあげることでもあり、そのためにもたんぱく質は欠かせない存在です。
その筋肉のもととなるたんぱく質を毎食毎とに二人前以上摂るように心がけていきましょう。

初めの頃は急に増やすことは難しいかもしれません。その際は、魚肉ソーセージやチーズ、ヨーグルトといったものを摂取するのも良いでしょう。
また、「プロテイン」も効率よく効果的にたんぱく質を摂取するのに有効です。野球の練習後はもちろんの事、朝食・夜食に取り入れてみるのもおすすめです。

野球をしているアスリートの体重を増やすためのポイントとは?

最近ではアスリートたちの体型が大きくなってきていることもあり、体重を増やすことの重要性が高まっています。
しかしただむやみに体重を増加させれば良いというものではありません。脂肪が増えてしまえば体は動けなくなります。筋肉はそれ自体でパワーを出すことができ力の源となるものですが、脂肪はそのようなパワーを発揮することができません。特に体重移動を素早く行うことが求められる競技では素早い動きをすることができなくなってしまいます。

かといって、たとえ筋肉を増やしたとしてもその競技に合わない筋肉を増やしてしまっては良いプレーができなくなってしまいます。
そのためそのスポーツに必要となる筋肉をつけ、「パフォーマンスの良い大きいプレーヤー」を目指す必要があるのです。

体重増加ペースの目安としては一か月に1kg程度のゆっくりとしたペースが理想です。
急激な増加は危険です。体を支えている筋肉の力が増えた体重を支えきれなくなってしまい、腰やヒザ、足首などに負荷がかかりケガの要因となってしまうこともあるからです。

体を大きくするためのポイントは摂取カロリーを消費カロリーよりも多くすることです。
例えば以下のような方法で摂取カロリーを増やしていきます。
・一回あたりのの食事の量自体を増やす 。
・食事をする回数を増やす。(一日三回の食事を練習の合間の四回~五回にする。)
・朝食は欠かさずとる。(一度食事の頻度を減らしただけでエネルギーは大幅に減ってしまいます)
・食事前の間食(特にお菓子や甘いもの)には気を付ける。
・汁物(スープやおみそ汁)は食事の後にとる。
・練習後にタンパク質などをとる。
・睡眠はしっかりとる。(成長ホルモンに作用します)

体重を増やすためには、運動中も食べるべき?

スポーツな体を動かすためのエネルギーとしては主に体の中の「糖」を利用します。その糖は筋肉の中に蓄積されています。
そのため、筋肉の量が多いアスリートというのは筋肉にたくさんのエネルギーを蓄積しておくことができます。

一方で、筋肉が少ないアスリートは糖をあまり多く貯めておくことができないため、体を大きくしようと普段からお米などの炭水化物を摂取していても、せっかく摂取した糖を一度のトレーニングで使い切ってしまい、結果的になかなか体重を増やすことができないということが起こってしまいます。
炭水化物を意識して食べてもなかなか体重が増えないのはこのためです。

筋肉量が少ないアスリートの方が体を大きくしたいときは、トレーニング中にも炭水化物(おにぎりなど)を摂取するのが良いでしょう。トレーニングしながら体の中で使われていく糖が不足してしまう前に新たな糖を補充することができるので有効です。
このようにして常に糖が体の中に存在する状態を保ちながら練習を行うことができれば体に糖が余る状態になり、それにより少しずつ体重増加ができるようになります。

体重が増えると、ストレスが減る?

体重が増えると体重計に乗りたくなる頻度が増えたり、鏡の前の自分に自信が持てたりと毎日が楽しくなりそうですが、他にどのようなメリットがあるでしょうか。
まず、疲れにくくなり体力がつきます。今までの自分は健康ではなかったと気づきさえするでしょう。

例えば頭と顔を肩回りの筋肉で支えることができるようになるため肩こりが減ります。腕や足も疲れにくくなります。
また筋肉と脂肪が効率よく増えたことにより血流量や基礎体温がアップ、免疫力も上がることが期待できます。それにより風邪にもかかりにくくなったり、中には冷え性の症状も改善したともいわれます。

次にコンプレックスの払拭により日々のストレスの軽減がのぞめます。
自分は痩せている、などといったコンプレックスは結果的にストレスになり様々なことに消極的になりがちです。特に恋愛においてそのような劣等感は大きな支障となることでしょう。
更にスポーツや旅行などのイベントごともさまざまな不安から積極的になれないこともあります。

富士山などの登山、バックパッカーとしての旅、ダイビングなどのアクティビティといったような楽しい体験でさえ、体力面の不安で前向きに進めないのは非常にもったいないことです。
痩せすぎていても直接医学的な問題があるわけではないでしょう。しかしながら体力がある状態ではありませんし、精神的にも健康とはいえないのではないでしょうか。
体を大きくすることにより、さまざまな悩みを乗り越えることができれば、外見のみならず気持ちも上向きにして日々を楽しく暮らすことができるのです。

 - スポーツ

ページ
上部へ