日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

必見!国民健康保険を滞納していると、入院費用は全額負担です!

      2017/03/08

必見!国民健康保険を滞納していると、入院費用は全額負担です!

国民健康保険に加入していても、普段病院へ行かない人にとっては保険料の支払いが面倒になってしまうこともあるといいます。

でももし保険料を滞納してしまうと、急に入院が必要になった場合どうなるのでしょうか?その保険証は使えないのでしょうか?

国民健康保険を滞納した場合に起こりうることについて説明します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

国民健康保険を1回でも滞納すると、入院できなくなる?

国民全員に加入が義務付けられている保険制度。一人一人の医療費の負担を軽くするために、社会全体で支え合うシステムです。

国民健康保険もその一つです。
国民健康保険料を滞納すると、段階的に受けられる保障が制限されていきます。社会を支え合う義務を果たしていないのですから、公的な保障は受けられなくなってしまうのですね。国民健康保険は、自分だけでなく家族も加入している保険です。保障が制限されると、治療や入院にかかる費用を支払うことができず、医療サービスが受けられない可能性もあります。

もし1回分でも滞納があれば、すぐにでも支払いを済ませるべきです。全額の支払いが難しい場合には、分割払いの相談も可能ですので、役場に相談してみましょう。分割払いでも利子がかからないようにもできます。

ちなみに、保険の徴収にも時効がありますが、滞納が続くと自治体から請求や差押がきます。時効は中断してしまうので、時効主張により支払いを免れるのは難しいと考えておくべきでしょう。

国民健康保険を滞納している人が入院することになったら?

国民健康保険を滞納している場合、通常の保険証は使えなくなります。

滞納分を納めるまでは、資格者証・短期証という資格で入院などの医療サービスを受けることはできます。資格者証は10割の入院費・治療費負担を求められるものの、後から還付請求ができます。短期証は通常の保険証と同様、3割の金額で医療サービスが受けられます。国民は、憲法で最低限の健康的で文化的な生活が保障されています。滞納があった瞬間に資格を喪失するのでは、この権利が保障されないことになってしまいます。制限はかかるものの、必要な医療サービスは受けられるよう制度設計されているのです。

なお、短期証を持っていて、3割負担で入院ができる場合でも、保険料を支払わなければ滞納費は膨らんでいきます。享受できる権利に応じた義務は、免除されるわけではありません。誠実に支払っていく態度が見られなけれな、通常の保険料滞納者と同じように、差押を受けたり、所有不動産が競売にかけられてしまうこともあり得ます。

国民健康保険を1年滞納した場合、入院時には全額負担になる?

会社勤めをしている人は、健康保険に加入しており、国民健康保険には加入していません。

会社を辞めたり、解雇された場合には、健康保険の加入資格を失いますので、国民健康保険への加入手続きが必要になります。加入しないと、無保険という扱いになり、入院が必要になった場合には全額負担を強いられますので、注意が必要です。労使折半ではない国民健康保険料は、健康保険よりも負担額が増えることが多いです。

ですが、急な解雇や派遣の雇止めにあった場合には、国民健康保険料の減免や支払い猶予の手続きをとることも可能です。保険料を払えないからといって、無保険状態を続けるのはやめましょう。もし保険料を1年滞納すると、保険証を返還しなければなりません。

このとき「資格証明書」というものが発行されますが、病院の窓口では医療費を満額支払わなければなりません。役場の窓口で還付の手続きは取れますが、滞納保険料と相殺される場合もあります。それに、医療費満額を一度に支払うのは、かなり負担が大きいです。窓口に相談しながら、きちんと保険料は納めるようにしましょう。

国民健康保険を滞納すると、保険証は使えなくなる?

国民健康保険料を滞納すると、役場から督促状が届きます。

それでも滞納を続けた場合には、更に催告が届いたり、電話での請求がきます。6か月以上滞納が続いた場合には、持っている保険証は使えなくなります。このとき、代わりに短期被保険者証が発行されます。通常の保険証よりも有効期間の短い保険証で、3割負担で医療サービスは受けることができます。窓口に行って手続きをし、受け取ることができる保険証です。未納金のうち、最初に納付期限がきたものから1年を経過すると、この短期非保険者証も使うことができなくなり、10割負担の被保険者資格証明書しか使用できなくなります。

納付期限から1年6か月未納が続くと、差押により徴収されることになります。給与、預貯金や、車など換価できる動産、さらに家まで差し押さえの対象になります。こうなる前に、支払い方法や減免について役場に相談するようにしましょう。保険料も、納付期限が過ぎると延滞金が発生します。未納が続くほど、負担も重くなります。早めの対応が大切です。

国民健康保険は滞納しないのが一番です!

長期にわたり国民健康保険料を滞納すると、最終的に保険証や、保険証にかわる証書も交付されなくなりますので、全額自費負担しなければなりません。健康で、年に数回しか病院にかからない人にとっては、1か月に何万円にもなることもある保険料を払うのは納得がいかないこともあるでしょう。

しかし、いざ手術や入院が必要になったとき、全額負担となると、とんでもない金額になります。必要な医療を受けられない可能性もありますね。それを3割に抑えてくれる保険は、生活を維持していくためにも必要な制度なのです。それに、保険制度は国民の義務でもあります。社会全体で支え合っていますので、自分だけなら支払わなくてもいいやという人が増えると、保険制度自体が崩壊してしまいます。

義務である以上自治体は差押ができますので、滞納すると、差押により自分の生活がままならなくなる可能性もありますね。こういったトラブルにあわないためにも、困った時には役場に相談をして、分割や減免制度を利用しながら保険料の納付を続けていかなければなりません。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ