日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

数学が苦手に感じるのはなぜ?なにが理由なの?

      2017/03/16

数学が苦手に感じるのはなぜ?なにが理由なの?

小学校までの算数は好きだったのに、中学生になると数学が苦手になる子も多いと言われています。

数学が苦手なのはどうして?数学が苦手な人はこう感じている?

数学が苦手な人の理由についてまとめてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

数学が苦手だと思う理由は何?テストでわかる問題もミスしてしまう

数学が苦手に感じている学生からの質問です。

Q.数学を得意科目にしたくて努力しているのに本番で力を発揮できません。テストが終わり、後で見直すと正解だったりするのです。できる人は、なぜその場で間違わずにやり遂げるのですか?自分もやれることは、やっているつもりです。勉強のやり方自体がまちがっているのでしょうか?

A.それはテスト中の焦りが引き起こしているミスではないですか?みたことのない問題がでてくることも想定の範囲内でしょう。後で、わかるという事は心の片隅で時間を気にしすぎているのですよ。普段、勉強する時から制限時間をきめて取り掛かるという方法で慣れていくのはどうでしょうか。数学だけのことではありませんが、勉強は時間をかけてだらだらせず、時間をきめて休む時にはしっかり休むことも大切ですよ。頑張ってくださいね!

数学がなぜ苦手なの?理由がある?才能や向き不向きは関係ない!

数学が苦手な人は、自分には数学が向いていないと感じるでしょう。でもそれは違うのです。数学は、才能や向いているいないは関係なく「アプローチ方法さえ知っていれば、問題はとける!」と数学塾の塾長、永野裕之さんは話すのです。

大切なのは、数学対する「考え方」です。数学が得意で好きな人が実際に実践する、問題を解くためにやっている「6つのアプローチ」の方法をご紹介しますね。これは日常生活にも役に立つことがあるんですよ。「数学が得意な人と苦手な人の違いは、才能ではなく問題を高いところから見下ろしてとらえることができるのかどうかです」

なぜなら、難しくみえる数学の応用問題も、基本を組み合わせてできている問題だからです。落ち着いて客観的に見れば、いくつかの簡単な基本問題に分けて考えることができるからです。複雑に絡み合う基本問題を解くには、問題への考え方を知っておくことが大事で、数学が得意な人ほど「そもそも」の部分を見つけることが上手なのだそうです。

算数と数学の違いは?基本の考えを変えないと数学が苦手に感じる理由

数学というのは、数・空間・構造などを中核に物事を考える学問でありイメージしずらい抽象的なものを扱います。

みかんが4個とか、公園が4000平方メートルとか具体的な数から、負の数やルートといった日常生活では聞くことのない数を多く使います。ここで大事になってくることが算数とは違ってくるのです。算数で大切だったのは答えが正確であることでしたが「なぜそうなるのか」という過程を表すことが数学で重要なことなのです。

簡単に言うと、算数は答えさえ正解ならOK!ですが、小学校で「途中式も書くように」と指導されるのは数学の考えの基礎を身に着けるためでもあるのです。数学では、なぜこの式になるのか、過程を表し考えることが必要になってくるのです。

数学の苦手を克服するなら計算力を身につけよう!

人は記憶力が鈍い生き物です。最近あった出来事でも時間がたてば記憶が薄れていくものですよね。

物事の意味を理解したり、印象に強く残っていることならば割と記憶にも残り安いですが、それでも気づくと忘れることがあります。ですから「繰り返し覚える」ことを実践しましょう。繰り返しい同じような問題を解いていけば、何度もと解き方を思い出し記憶に定着させることができるのです。そのほかに計算力を高める効果もあります。いくら、問題をとく過程を理解していても計算を間違えてしまえば不正解です。

テストには制限時間もあるので問題を解くには「はやさ」と「正確さ」が必要です。そのために、繰り返し問題を解き、計算力を高めていく事がとても大切になっていくのです。

数学が苦手にならないためには「意識的に数に接すること」

学校の勉強で一人遅れをとってしまい、数学の能力が不十分なまま本人が自信を無くすのは、練習が足りていないことが原因です。

数学も、音楽と一緒で順番に練習を積み重ねることで問題を解く技術を身に着けることができるのです。どこかで間違うと、クラスメイトから冷やかされたり、両親はがっかりしたり、すると本人はすっかりやる気と自信を失い楽しかった勉強もやる気になれなくなります。

だから、数学を苦手と思い込み避けるようになるのです。数学を嫌いにならないために、意識的に数に慣れていく事も大切です。今習っている部分をちゃんと理解して、わからないまま先に進まない。間違ったからといって自信を無くさないよう気を付けて取り組めば、数学が楽しくなり計算や考えることへの練習量が増えるのではないでしょうか。

 - 勉強・学校

ページ
上部へ