日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

お酒が強い人の特徴って?鍛えればお酒に強くなる?

      2017/03/23

お酒が強い人の特徴って?鍛えればお酒に強くなる?

どれだけ飲んでも平気な人もいれば、ほんの少しの量で酔いつぶれてしまう人もいるお酒。

その差はなんなのか?お酒に強くなりたくても、なることができないある理由があったのです。

強い人にはどんな特徴があるのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

お酒が強いと思われる女性の特徴とは

〇性格がさっぱりしていて男っぽい

一般的に言われる「姉御肌」タイプで、頼りがいがあり判断力に長けている女性。他にも、言いたいことを包み隠さず言いそう、気が強くてダイナミックな女性なども言われます。

〇おしゃべり・声のボリュームが大きめ・とにかく笑う

このタイプの女性がしゃべっているだけで盛り上がり、お酒が弱いタイプには到底見えません。

〇とにかく明るい・ポジティブで社交的な人

だれとでも分け隔てなく仲良くなれるタイプ。

〇派手な服装と、ちょっと濃い目のメイクの人

自己表現が強めの人は、お酒に弱そうにはみえない・・・。

社交的な人やおしゃべりな人は特に、飲みに行って楽しくお酒を飲むことも多いでしょうから特徴というよりもイメージでお酒には強そう!という事ですね。

お酒があまりにも強い女性は嫌われる!?ドン引きされる女性の特徴

〇一緒に飲みに行った女性が、お酒に強すぎた(32歳/自営業)

「一緒に飲めることは嬉しいけど強すぎはちょっと……。気になる子と2人で飲んだとき、相手のペースに合わせて飲んでいたら、ハイペースすぎて、口説くどころか自分だけが泥酔してしまった・・・。恥ずかしいし、ついていけないので二度と会わなかった」

もしかしたら彼女も緊張していて、それを解消するために飲みすぎてしまったのかもしれませんが、確かに男性だけ酔いつぶれてしまっては恥ずかしい思いをするのかも。

〇相手がデロデロになってドン引き(25歳/理容師)

「男女集まる食事会に行ったとき。店を出ると道路に横たわって立つこともできない女性がいました。髪もぼさぼさで化粧も崩れて服もめくれているし、とにかく恥ずかしくて二度と会いたくないとおもった」

「デロデロになるほど気を許してくれて嬉しい!」と思う男性は、少数かもしれませんね。

○色っぽさゼロで聞きたくないうんちくの嵐(29歳/製造業)

「色も白くておっとりして可愛いのに、意外に酒豪だった。そのギャップはまぁいいと思うけど、酒造とか原料産地の話を熱弁され興味ないし、話題についていけないしなんか冷めた」

見た目と違ってお酒に強い!というギャップはOKでも、詳しすぎてドン引きされる事もあるようなのでお酒の強い女性は気を付けてくださいね。

お酒に強い人は、ある分解酵素の働きが強いことが特徴!

体内に吸収されたアルコールが分解するときには、途中でアセトアルデヒドという毒性の高い物質が作られます。お酒が弱い・強いは肝臓がこの物質を無害なものに分解できるのかによって変わります。

このアセトアルデヒドを分解してくれるのが「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)」という酵素で、働きが強ければお酒に強い・逆に弱ければお酒に弱い、と言えます。そして、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きの強さというのは、生まれつき決まっています。

日本人の「アセトアルデヒド脱水素酵素」

  1. 働きが強い(約50%)
  2. 働きが弱い(約45%)
  3. 働かない(約5%)

たまに、ほんの少し飲んだだけでも耳まで真っ赤になっている人もいますよね。そうした方は、おそらく3でしょう。

ちなみに、白人さん・黒人さんには「2」と「3」のタイプの方がいません。割合が少ないのではなく「いません。」0%です。日本人は、生まれつきの体質によるものですから、「鍛えればお酒に強くなる」は迷信です。飲めない人に、無理にお酒を進めるようなことは健康を害する事になるので絶対にやめましょう。

お酒の強い・弱いが特徴でわかるのは遺伝だけ?他に要因は?

生まれつきの体質のほかに、体の中の水分や体重の影響もあります。性別や年齢や体の大きさ、お酒が強い体質を持っていても個人差があるのです。

性別の違い・・・男性の方が一般的に女性よりもお酒には強いです。

女性よりも体内の水分は多いですし、骨格や肝臓も女性より大きいからです。

年齢の差・・・若い人の方がお年寄りよりも体中の水分が多いいのでお酒に強いです。

体の大きさの違い・・・同じ性別でも体の大きい人の方が一般的に肝臓も大きいと考えられます。そのため代謝がはやくお酒に強いです。また、アルコールは脂肪に溶けにくいので、体脂肪率の高い人は低い人より体に占める水分の割合が低くなり、血中アルコール濃度が高くなると考えられます。

そのほかにアルコールは内臓脂肪を増やす働きのある「コルチゾール」というホルモンを分泌させるので、飲み過ぎるとお腹がポッコリ出た、メタボ腹になってしまいます。

お酒が強いか弱いかの特徴は二つの遺伝子が影響

体内に入ったアルコールを分解する作用をするのは2つの遺伝子が関係しています。アルコールは、分解されると最後には「水」と「二酸化炭素」になりますが、作用する2つの遺伝子がどのくらい動くのかでアルコールに対する反応が変わっていきます。

その2つの遺伝子は、ALDH2遺伝子(アセトアルデヒドを分解)ADH1B遺伝子(アルコールを分解)と呼ばれるものです。

大好きな人にはたまらないお酒。たばこやお酒は健康の大敵、なんていわれるけど、適量を飲めばいい効果をもたらすお酒だってあるんです。それに対して、肝細胞を障害し、アルコール性肝硬変など、重篤な病気を招くおそれを引き起こすのが「アセトアルデヒド」であり、人体に対して毒性の強い物質として知られています。

よって「お酒に強いか弱いのか」に関しても、アセトアルデヒドの分解を出来るかどうかが鍵となります。適量を守り楽しく飲むことで、お酒の良い部分と付き合いたいものです。

 - コミュニケーション

ページ
上部へ