日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

幼児に高熱と震えの症状が。冷静に対応することが一番重要

      2017/04/03

幼児に高熱と震えの症状が。冷静に対応することが一番重要

幼児が高熱で震えているとき、当然お母さんはとても心配でたまらないもの。慌ててどうしていいかわからなくなってしまう?

幼児は高熱が出やすいもの。すぐに病院に駆け込むべきか、ようすを見るべきか、落ち着いた対処が必要です。

子どもが高熱を出したとき、注意すべき点とすぐにできる対処方法などを調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

幼児の高熱や震えは免疫機能が正常に働いているから

小さい子どもが高熱を出して苦しそうにしていると、見ている親も不安で辛い気持ちになってしまいますね。そもそも発熱しているとき、子どもの体ではどんなことが起きているのでしょうか。発熱するのは、免疫機能が体に入ったウイルスや細菌を攻撃しているから。熱があること自体が悪いことというわけではありません。

一般的に腋下(わきの下)で測った体温が37.5度以上あるときを指します。高熱で体がガタガタと震えるのは、より免疫機能を働かせるための熱を作り出すために筋肉を震わせているためです。熱が上がる直前に震えがくるケースでは、高熱が出るサインの可能性があると覚えておいてください。

熱が出ることは上記のように病気を治そうとする自然な反応といえますが、緊急に病院へ行くべきかどうか悩むことがあります。熱があっても食事や水分を補給することができる。眠ることはできるというのであれば、ようすを見ても良いでしょう。高熱でも、遊ぼうとしたり問いかけに反応して話したり笑顔が出る場合も緊急性は無いと思われます。すぐにかかりつけの病院へ行ける状態であれば、医師の診察を受けることが望ましいでしょう。

幼児が高熱を出した。注意したい場合の震えってどんなもの?

熱が出るというのは、免疫力を高めて細菌やウイルスに対処している証拠であるという話はすでにしました。体温を1度上げると、免疫力は数倍アップするという話があるくらいで、免疫を強く作用させるために体が熱をだそうとして筋肉を震わせます。ですので、この場合の体の震えは「病気を治そうして体が頑張っている」ということです。しかし、注意が必要なのは熱性けいれんです。こちらは主に6歳以下の乳幼児に起こります。原因ははっきりしておらず、脳の発達が未熟なことが要因の一つではないかとも言われています。

熱性けいれんでは、体をこわばらせて動かなくなる「強直性けいれん」と、バタバタと手足をうごかす「間代性けいれん」があります。多くは5分ほどでおさまり、繰り返すことはありません。もし熱性けいれんが起きたら、ベッドなど高い場所ではなく平らな場所に衣服を緩めて寝かせてください。嘔吐がある場合には吐いたものを喉に詰まらせないよう顔を左に向けます。

落ち着いてから病院受診するようにしてください。ただし、けいれんが5分以上続いたり、意識がないなどの異常がある場合は救急車を呼ぶなどの緊急の対応が必要になります。

幼児が震えを伴う高熱を出したときの対処。熱は安易に下げないで

熱が上がっているときは、寒さをうったえて震えたり、手足が冷たくなっていたりします。寒気を感じているなら温めてあげましょう。熱が上がりすぎると、逆に手足は温かくなり顔も赤く上気して、あついと感じるようになるので、今度は冷やしてあげます。

熱を冷やすというと、額のイメージがありますが、太い血管が通っている場所で、後頭部、両わきの下、両そけい部(足の付け根)を冷やすとより効果的です。パジャマは薄手の物が望ましく、汗で湿ったらこまめに着替えましょう。発汗で水分を失うので経口補水液などを準備して、きちんと水分補給をします。

高熱がでると体もつらく、解熱剤を使いたくなりますが、原則として熱は安易に下げない方が好ましいのです。使ったとしても、効果は数時間と限定的ですので、食事や水分補給が摂れない場合に体の負担を考えて一時的に使うくらいにとどめておきましょう。

幼児の高熱と震え。落ち着いて水分補給や現状把握を!

休日や深夜に子どもが高熱を出すと、夜間救急や救急車のことが頭をよぎります。通常の診察時間であれば、早めに受診した方がいいのはもちろんですが慌てずに対処しましょう。小児が40度近い熱を出すことは、通常の風邪でも起こることがあります。解熱剤で一時的に熱が下げたときの状態を見ることも重要なのです。熱が下がれば、ある程度元気がある。機嫌が悪かったりむずがったりもしなければ、さほど心配しなくても良い場合が多いものです。

ただし、インフルエンザのように非常に体力を消耗する病気であれば、熱が下がっても辛そうな状態に変わりがみられません。しかし、多くの場合インフルエンザも数日で熱は下がるものです。タミフルなどの薬の投与や高熱にばかり目が行きがちですが「意識がはっきりしているか」や「水分補給は十分か」といったことに注意を向けてください。

まずは落ち着いて現状と変化を把握して、病院に行ったときに病状を的確に説明できるようにしておきたいものです。

高熱を出した幼児が見る幻覚。「熱せん妄」っていったい何?

幼児が高熱を出すと、稀に「熱せん妄」と呼ばれる幻覚や幻聴の症状が現れることがあります。虫や幽霊など、実際にはそこに存在していないものが見えるといって怯えるのです。キャラクターや妖精のような恐怖を感じないもの、お友達がいるという幻覚の場合もあります。

夜間に起こることが多く、喉が乾いたときに起こりやすいとも言われているので、水分補給には注意を払ってください。恐怖の対象であるものが幻覚として見えている場合は、怖くてパニックになるかもしれませんが「そんなものはいない!」と頭ごなしに否定するのではなく、追い払ったふりをして「もういないよ」と、子どもに合わせてあげて安心させてあげましょう。「怖いものから守られている。お母さん、お父さんといれば大丈夫」と感じさせてあげるのが重要です。

一時的なもので特に治療が必要なものではありません。あまり繰り返して心配であれば、脳外科で相談することも考えられますが、大半は成長とともに起こらなくなります。

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ