日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

女子との会話が面白くないと感じる理由とは!

      2017/03/08

女子との会話が面白くないと感じる理由とは!

会話をしていて面白くない女子、楽しい女子っていますよね。どこが違うのか気になりますよね。

女子の会話が面白くないと感じてしまう理由とは?会話が面白くない女子の特徴とは?話し上手な女子の違いとは?

会話上手になるヒントが満載!ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

女子の会話が面白くないと感じてしまう理由とは?

ダラダラと要領を得ない話をされると聞く方としては面白くないばかりか、聞くこと自体を負担に感じてしまいます。

こうした話し方をする人は自分が何を伝えたいのかよく整理せずに、思いつくままに話そうとするからです。話の内容に変化と面白みを添えるためにも、まずどんなことを相手に伝えたいのか頭でまとめてから話をするようにすると良いでしょう。そうすれば聞き手にも関心を持って聞いてもらえるはずです。

また、相手が言っていることはスルーして、自分が興味のあることだけをのべつ幕無く一人でまくしたてる人も話していて煙たがられるタイプです。こうした人は人の話を聞くのが下手で、相手の話を途中で遮ってまでも自分を中心とした話を持ち出す傾向があります。たとえそれが相手が話題にしていた内容と全く関係のないことであってもお構いなしなのです。

かつて「聞く力」というタイトルの本が話題になったことがありましたが、実はこの聞く力が備わっている人ほど、話す力量もあると言われています。同じ話題の話をさせても聞き上手な人の方が話し方も上手く、聞くのが下手な人というのは話をさせても下手なのだそうです。若し、普段の会話で「自己主張ばかりしないで人の話も聞くように」と助言されたことがあるなら、その人は聞く力がないだけでなく、話すことも下手だと自覚した方が良いでしょう。

それと同時に、日頃から相手をうんざりさせるような話し方をしていないか振り返ってみる必要があります。

会話が面白くない女子の特徴とは?

相互の関連性が薄いのにも拘わらず、頭に浮かんだことを片っ端から話したりすれば、当然筋道の通らない内容になってしまいます。

そんな話を聞かされる立場からすれば、コロコロと変わる話題に付いていくのにさえ戸惑うに違いないし、何を一体言いたいのか推し測るのにも苦労してしまうはずです。第一、思いつくままにしゃべり続ける話し手のペースに合わせていると気疲れしてしまう上、聞いていても楽しくなることはないのです。このように伝えたいという気持ちだけで脈絡のない話し方をする人は、会話をしても楽しくない人物と思われるのが落ちでしょう。

そもそも聞き手に配慮することもせず、自分が好きなことだけを話題にしても、相手に共鳴してもらえることなど期待できないのです。話し手しか知らないことや個人的な話題なども、話をしている本人としてはその人なりに楽しいのかもしれません。しかしそれを相手がうんざりしているにもかかわらず、それを長々と続けるのは自己満足であり自己中心的な振舞いだと言うべきでしょう。

話がつまらない人だと思われないためには、自分が関心がある事柄を勝手に取り上げるのではなく、聞き手にも関心を持ってもらえそうな話題を探すべきなのです。

会話をして面白くない女子と話し上手な女子の違いとは?

おしゃべりをしていて楽しいと思えるのは、やはり明るい話題で盛り上がっている時でしょう。しかし会社に対する不満や、知り合いの欠点をあげつらうなどネガティブな話題ばかりを持ち出されると、聞き手としても気が滅入ってしまうはずです。陰口や愚痴ばかりをこぼす相手とはこれ以上話をしたくないと思う人も多いのではないでしょうか。

特に男性が女性と会話していて辟易するタイプというのは、まるで機関銃のように矢継ぎ早に言葉を発する人です。男性には何時までも延々と喋っているようなタイプはさほど多くはないのですが、女性にはかなり見受けられ、女性だけで話をさせておくと、それこそ何時間でも話に花を咲かせている人もいます。こうした女性ならではのおしゃべり好きで、一方的に喋り続ける人も、男性から見れば話をしていて楽しくない相手と感じるようです。

又、相手の話に耳を傾けず、自分一人で喋っていて悦に浸っているような人も聞き手をうんざりさせてしまいます。こちらが言いたいことを口にしてもまともに取り合ってくれないのに、話し手の側では自分の言いたいことを喋り続けていたら、どんな人でも嫌気がさしてくるはずです。つまりこういう人は人の話を聞くことが下手なタイプでもあります。

話をしていて楽しい人と言うのは、話が上手なだけでなく聞くことも上手な人ですが、このタイプはそれとは真逆の人だと言われても仕方がないでしょう。

会話下手な女子が陥りがちなある傾向とは?

話が下手な人には5タイプあり、それぞれにあることを「し過ぎてしまう」傾向があります。それらが話をぎこちないものにしてしまう原因となっているのです。

まず一つは、会話を何とか盛り上げようとする「考えすぎ」です。しかし話をするのに逐一考えていては話自体がそのうち続かなくなってしまうでしょう。勿論、聞き手を飽きさせないように練られた上で話す話は、変化に富んで楽しいものであることには違いないのは事実です。しかしそれ以上に重要なのは、対話を通じて双方が気持ちを通わせることのはずです。同様に聞き手が楽しめる話題や耳寄りな情報を提供しなくてはならないという思い込みから「力を入れ過ぎてしまう」のも失敗のもとです。元来はリラックスして楽しみながらするのがおしゃべりというものなのですから、他愛のない話題でも楽しければそれで良いはずです。何も漫才師のように相手を笑わせる必要はありません。

話を盛り上げるためには、よく双方の共通点を取りあがるのが良いと言われたりします。確かに会話を交わしているうちに共通点を見出したことによって、一層話が弾むならそれに越したことはないでしょう。一方で「共通点を見つけるのに拘り過ぎて」しまうと、却って会話も不自然なものとなってしまいます。それでは和やかな雰囲気で話をすることができなくなってしまうでしょう。

又、「自己保身に気をとられ過ぎること」で相手からつまらない人と思われてしまうこともあります。実際には自分の私生活やウイークポイントも取り繕うことなく打ち明けた方が、相手からも親近感を持ってもらいやすいのです。こうした点を隠しすぎないことも楽しく会話する秘訣となるでしょう。

取り繕いすぎるのも良くないのですが、「真実に拘り過ぎる」のもどうかと思われます。話術が上手い人というのは、誇張や虚構を織り交ぜながら話を盛り上げることができる人です。事実であるかどうかは常に重要な要素となるとは限らないので、何も正直一辺倒で通す必要はないでしょう。

どんな会話をしたらいいの?

自分とは全然関係のない話を延々と聞かされても、そのおしゃべりから解放された後には、聞いた内容の大部分を覚えていないことがよくあります。何しろ関心の持てない話ほど記憶しづらいものはない訳ですから、それもやむを得ないのかもしれません。しかし後日当人から「この前話したことなんだけど」と切り出された時に何も覚えていなかったら、それが原因で喧嘩になってしまうかもしれません。

そんなことにならないためにも、人の話した内容を覚えておこうとしても、その内容に関心が持てるのなら最初からこんな苦労はしていないはずです。しかし聞く際に話の内容をしっかり把握しようとしても、疲れるだけでなく、却って聞き漏らして取りこぼしたり、話の全体像が見えなくなってしまうこともあります。

そこでお勧めしたいのがイメージを使った記憶術です。これは学習法として色々な分野で効果を上げている方法なのですが、記憶に引き出しを増やすために覚えておきたい事柄をビジュアル化することで記憶の手掛かりを残しておくことができる方法なのです。

まず話を聞くときは頭をいったん白紙状態にして、大まかに話を聞き取るようにします。そして相手の話の内容から想起される光景を頭の中に思い浮かべて下さい。例えば「スーパーに行ったら近くの✖✖さんと偶然一緒になった」と言ったら、スーパーで2人が会っている場面をイメージします。また「今週の終わりにバーベキューパーティーを開くことになった」と言ったら、バーベキューを楽しんでいる様子を思い浮かべるのです。

そうするとスーパーへ行くと✖✖さんの顔が浮かんだり、肉料理が出てくればバーベキューパーティーの様子が想起されるようになるでしょう。一切合切言葉のみで理解しようとするよりも、ビジュアル化して大まかに覚えるようにすれば、苦も無く覚えられると思います。

 - コミュニケーション

ページ
上部へ