日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

テンションが低い女性と会話する時は●●●が大切です!

      2017/03/09

テンションが低い女性と会話する時は●●●が大切です!

テンションが低い人ってまわりに一人や二人いると思いますが、それが女性だったらどういう会話をすればいいのでしょうか?

話をする時に気を付けるポイントは?相手に合わせる方がいいの?

テンションが低い女性との話し方について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

テンションの低い女性には理由がある?

〇見えているものがすべてではありません。
現在あなたに見えている女の人はテンションの低い子。だからってテンションの低い女の人、リアクションのあまりない女の人とは言い切れません。場合によってはこれはだいぶ変化します。人間は相手によって見せる姿を変化させます。親の前、上司の前、お客様の前、友人の前交際相手の前、性格は一緒でも話すことやリアクション、テンションはかなり変化します。

例えるなら、友人と会話しているときはハイテンションでバカみたいな話をしていても、職場の上の人といるときはまじめに仕事話をして落ち着いた話し方をします。女の人といてリアクションがあまりない、テンション低め。と思ったら、そのような人と判断するのではなく要因を考えたほうが良いです。対応を変化させたら急に女の人の反応がよくなることもありますよ。

ちなみにリアクションがあまりない、テンション低い。という女の人は自身は嫌ではありません。いい意味で考えれば落ち着きのある女の人ですもんね。ひとまず見えているものがすべてではありません。初めはテンションが低い、リアクションがよくないわけを探してみることが大事です。

テンションの低い女性とどう会話すればいい?

女の人と距離を詰めて行って、深い仲になるにはもちろん話をすることが大切です。

ですが人それぞれ話すテンションがあり、自身はハイテンションでも、女の人はハイテンションではないことも良くあります。こういう時は自身がノリノリで話しても女の人がそれについていけず疲労してしまうことになります。そうなると好感度が上がるどころか、疲れる人という位置づけになってしまい、次回のデートは来ないでしょう。

ではテンション低めの女の人に話を合わせ続けるのかというと、それはそれで低いテンションが続くだけなので盛り上がりません。この問い大切なのは、彼女のテンションに対してやや高いテンションを保つことです。そうして上手にだんだん彼女のテンションを上げていけば盛り上がる楽しいデートになるのです。女の人に慣れた男の人がやりがちなのは、相手のテンションに合わせず自身が楽しいと思うテンションを普段通りしてしまうことです。

明るい人やテンションの高い人ならいいですが、みんながみんながそうでないので、相手をよく見ることが肝心です。こうすると上手くいく人は上手くいくけどそうでないときは全く盛り上がらないといったケースをできる限り減らすことができます。

自分よりテンションの低い女性と話す時には「ゆっくり」と

〇自身より静かな人と会話するとき
ハイテンションな人とそうでない人は、「低い人から見て」あまり合わないのです。反対に「高い人から見ると」会うと思われるようです。まずハイテンション気味の人は静かな人と話すときはややゆっくり話すようにしましょう。静かな人に早口で自身ばかりが主導権を持つと、相手は委縮してしまいます。真のコミュニケーション能力の高い人は、相手のテンションを考慮することができる人です。気を付けましょう。

〇自身よりハイテンションの人と話すとき
辞任よりもハイテンションの人と話すときは、とても苦しいです。何故ならテンションは落とせても上げることはとても難しいからです。個人的な方法を言いますと、上げるテンションは最大で20パーセントくらいにしましょう。これより高くしようとすると話すことに疲れてしまって楽しめません。それでも嚙み合わなければ、残念ですが相手とは現段階ではあまり合わないのでしょう。似た者同士ではなく、聞く、話すのタイプが嚙み合っていないとなお難しいでしょう。こういう時は「修行」だと思い、免疫を付ける時間と割り切って話してみるのもいいでしょう。全員と合わせることは残念ですが難しいのです。

テンションが低い時にはどう動くべき?

〇テンションが下がっているときこそ、動く。
テンションとは何なんでしょうか?テンションとは、緊張している感じや高揚している感覚です。お仕事中ならば、思いがとても重要です。テンションがあれば、おしごとにもやる気がみなぎり、上手くいきやすくなるでしょう。ですが、テンションが高くなるのを待っていればいいというわけではありません。そんなことをしていたらムダに時ばかり経ってしまいます。受け身になってしまうとテンションが高くなった時にしか動けなくなってしまうのです。テンションを自身で高くする、単純なやり方があります。

それは、ひたすら先に動き始めればいいのです。テンションが下がっているときでも、とりあえず身体を動かしましょう。身体を動かすと血行が良くなってきます。それによって脳も刺激されるのです。動き始めて10分もすればテンションが高くなっているでしょう。動くことでどんな時でも意図的にテンションを上げることができるのです。

1にも2にも動くことです。テンションが下がっているときこそ動くのです。テンションが下がっているときに動くからテンションも上げることができるのです。

テンションが低い時には外へ出かけてみよう!

〇環境を変化させる
勇気を出して外出してしまうというのもいいでしょう。勉強用の机の前や、パソコンの前という普段となんの変化もないところでは、気持ちが上がらないときはそこにいるだけでも嫌な気持ちになったりします。図書館に足を運んだりしてもいいですし、喫茶店でノートパソコンをするのもいいでしょう。環境を大きく変化させることが大切です。おじさんも休日はついついダラダラしてしまいパソコンの前に座ると、ゲームをしてしまうので、スマートフォンをもって布団に横になり記事を作成したりしています。何でもすることのあるパソコンとは異なり、スマートフォンだと記事を作成することくらいしかすることがないので、かなりはかどっています。

〇体を動かす
軽く体を動かすこともいいでしょう。ストレッチやラジオ体操なんかで体を伸ばしたりして、凝り固まった関節を動かしてあげると、思っているよりもとても気持ちがいいものです。期待していたよりも脳がすっきりとすること請け合いです。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ