日常に隠れる「なるほど」が盛りだくさん!

なるほど広場

大人のためのバレエレッスンなら格好は気にしなくてもOK!

      2017/03/08

大人のためのバレエレッスンなら格好は気にしなくてもOK!

大人になってバレエのレッスンに通いたいと思う人も最近増えているといいます。

そこで気になるのがレッスン時の格好。バレエといえばレオタードだけど、初心者でもレオタードを着なくてはいけないの?

大人のバレエのレッスンでは何を着るべき?気になる格好について調べてみました!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子供が算数の計算が苦手、そんな時に克服するための方法!

子供が算数が苦手で、どう教えたらいいのかと悩む親御さんも多い...

幼稚園でのバスのトラブルの賢い回避方法をご紹介します。

子供が幼稚園に通い始めバスでの通園になり楽になったと安心して...

妊婦さん必見!動悸が食後にする時にはこんな方法で改善を!

妊婦になるとお腹が大きくなることから、食後に動悸が起こるとい...

子供が父親になつかないと悩んだら、そんな時の解決方法!

子供が父親になつかない・・・そんなふうに悩んでいるお父さんや...

子供の性格の短所はどのように書く?長所よりも書きにくい!?

幼稚園の願書に子供の短所(性格)を書くときにはいったいどのよ...

子供に愛情がわかない…そんな時の解決策をご紹介します

子供に愛情がわかない…そんな悩みを抱えているお母さん、多いと...

産後、旦那の態度にイライラしてしまう原因についてご紹介します

なぜか産後、旦那の態度のイライラ・・・こんな気持ち私だけ?と...

産後なのに子宮の手術をする・・・その手術について解説します!

妊娠中の検査で子宮筋腫や卵巣の病気が見つかることがあると言い...

産後の子宮の違和感を感じる時は何かの病気!?

産後の子宮になんだか違和感を感じるのは気のせい?でもやっぱり...

産後のトイレの悩みは皆一緒!痛いけど我慢するともっと大変

産後は会陰切開で傷になっている痛みでトイレに不安を感じる人は...

赤ちゃんに着せる洋服の枚数ルールについて理解しよう!

赤ちゃんに着せる洋服の枚数って大人より少なくっていうけど、生...

赤ちゃんの風邪は治りかけに要注意!外出はひかえるのが望ましい

赤ちゃんが風邪をひくと、ママと一緒に家でおこもり…。もう飽き...

赤ちゃんの泣き声でノイローゼにならないお母さんはこうしてる

赤ちゃんの泣き声で気が滅入る瞬間ってたくさんありますよね・・...

これって?大丈夫?赤ちゃんの顔に”毛細血管”が出やすい理由!

赤ちゃんの顔に赤いポツポツがある…これって一体…?と心配した...

経産婦でも初産でも本陣痛ってわからないものです

初産の妊婦さんでも経産婦さんでも陣痛ってよくわからないもので...

仕事のストレスによって流産しないために気を付けたいこと

仕事のストレスにより流産しないために…流産は必ずしもママに原...

ミルクと母乳の混合授乳のやり方の方法とコツについて

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てたいと考えますよね。 い...

ベビーカーは電車で使ってもいい?それとも抱っこひもが正解?

電車ではベビーカーと抱っこひも、どちらを使うのが正解なのでし...

学校で友達に怪我をさせてしまった。その時にとる対応について

学校でお友達に怪我をさせてしまったらどのように対応していいの...

ピアノの才能・・・うちの子供にはある?ない?判断材料は何か!

ピアノ教室は、今も昔も人気の習い事です。 最初のうちは...

スポンサーリンク

バレエのレッスンに通う場合の基本の格好は?

いざバレエレッスンへ通おうとなったとき、気になるのが服装ですよね。大人のバレエレッスンでは、どんな格好をすることが多いのでしょうか。

まず、レッスンウェアの基本となるのは「レオタード・バレエタイツ・バレエシューズ」のセットです。多くの女の子たちはバレリーナという夢を叶えるべく、このスタイルで日々真剣に稽古に励んでいます。そもそもこのラインが強調された服装、レッスンをするうえで先生や自分自身が体の動きをしっかりと把握するためのものなんです。上達のためにはもってこいの格好と言えます。ただ悲しいかな、このスタイルをする少女たちとこれからレッスンを始める大人とでは、どうしても体系などが違ってきます。

本気でプロを目指します!という場合は別ですが、基本的に大人の方向けのスタジオでは服装の決まりは無いことがほとんどです。Tシャツとトレーニングパンツで参加する方も少なくないくらいです。ですが先ほどの話の通り、あまり身体のラインを隠してしまってはせっかくのレッスンが勿体ないですよね。なので、基本の三点セットにショートパンツやスカートを履いて、ラインを少し隠すくらいが動きやすさも見た目もちょうどいいです。どんなウェアにするかを工夫してみるのも、楽しみの一つにしてみましょう。

初めてのバレエのレッスンの格好はやっぱりレオタード?

初めてのバレエ、初めてのレッスンという時、最初からいきなりレオタードでばっちりきめてくる人は殆どいません。

ほとんどの場合が、Tシャツにジャージ姿という服装でお稽古します。とは言えTシャツにもいろいろなものがありますよね。例えば人気のスタイルは、子どもサイズの小さ目のTシャツをあえて着るというものです。ぴったりと身体のラインを出すことができます。もちろん手持ちの普通のTシャツでレッスンを受ける方も多くおられますよ。スポーツブランドのものだったりユニクロのようなカジュアルブランドのものだったり、色々です。他にも、バレエ用品のメーカーのTシャツだったり、外国のバレエ団の公演で記念に購入したTシャツを着ている人もおられます。バレエスタジオならではと言えますね。

ジャージも同じように様々な種類がありますが、これもまた好みのものを穿いて問題ありません。すこしダボッとしたものからヨガ用のものまで、動きやすさや着心地の良いものであれば大丈夫です。ただ、バレエレッスンは思いのほかたくさん汗をかきます。吸湿性には気を付けて選ぶようにしてくださいね。
時たまサウナパンツでレッスンを受ける方もおられますが、ウォームアップのために使うことはあっても、レッスン着には向きませんのでご注意ください。

大人のためのバレエのレッスンでの格好は意外と厳しくない?

大人のバレエスタジオでは、厳しい服装規定が無い場合がほとんどです。わりと皆さん自由な服装でレッスンを受けておられます。

夏場なら、ブラトップを着て下には膝丈のスパッツを穿いたり。あるいはストレッチのしっかりした薄手のジャージを着ていたりとラフな服装なんです。ただ夏場はいつもより汗をかく上にスタジオは冷房が効いています。身体を冷やさないためにレッグウォーマーをつけたりあえて着こんでレッスンを受ける方もおられますよ。身体のラインはレッスンのためには見せたほうが良いのですが、少し隠すためにも巻きスカートを履いたりボレロを着たりすることもあります。ボレロは汗染みのカモフラージュにもなるので好んで着る方が多いです。何にせよ暑くなれば脱げばいい話ですから、冷房対策に準備しておくといいかもしれません。

服装がわりあい自由なことの多い大人のクラスでは、自分に合った好みのスタイルで問題ないと思っていてください。暑くても寒くてもずっと黒レギンスを穿いている方だっていますから、気にしすぎないことですね。

レッスンウェアを購入する前に、まずはスタジオ見学しよう!

レッスンウェアをどんなものにするかは、最初に悩むポイントかと思います。そんな時は、ウェアを準備する前にスタジオを見学してみましょう。どんな雰囲気で、生徒さんたちはどんな服装をしているのかが一目でわかりますよね。

スタジオの規定や雰囲気は様々で、「巻きスカートはダメ!」とか「服装はレオタードとタイツのみ」という決まりの場所もあれば、自由だからこそ個人個人がかなり服装に気合を入れているスタジオもあったりします。ベーシックなレオタードは、黒の半袖タイプかキャミソールタイプです。

例えば同じような半袖タイプでも、胸元の形がいろいろありますから好みのものを見つけましょう。首元がすっきり見える『ペンダントネック』や『ハートネック』などが、スタイルアップの効果もあっておすすめです。またキャミソールタイプを着るときは、胸元で結べるような羽織(カシュクール)を着たりTシャツを合わせてみるスタイルも人気がありますよ。

バレエのレッスンウェアは自分の好みで選ぼう!

スタジオに規定があろうが無かろうが、ウェア選びで大切なのは「自分の好みのものかどうか」です!可愛らしいデザインが好みなら可愛いものを、エレガントに見せたければエレガントなデザインを選んで着るようにしてください。バレエとは表現の場でもありますから、ウェアにこだわることも大切なのです。例えまだまだ新参者でも、遠慮して好みでもない地味なレッスン着を着る必要はまったくありません。年齢も高いから大人しいデザインのものがいいか、と諦めることもありません。ウェア選びは、バレエレッスンの楽しみのひとつだと思ってください。

どんなにレッスンが楽しくても、落ち込んでしまったり行くのが億劫な日だって出てくると思います。そんなとき、お気に入りのレッスン着があるだけで「頑張ろうかな」と背中を押されることもありますよ。せっかくバレエスタジオに通うんです。自分にぴったりのお気に入りのウェアを着て、楽しみながら美しくなりましょう。

 - スポーツ

ページ
上部へ